2006年10月26日 (木)

APOLLO 13

昨日、仕事帰りにTargetに大好物のマカダミアナッツを買いに行きました。

目新しいものはないかなと店内を散策した後に購入したものは、お目当てのMAUNA LOAのマカダミアナッツを3種類、Maui Onion & Garlic、Kona Coffe Glazed、Honey Roastedとなぜか”Apollo 13”のDVDでした。

Apollo13

新作のDVDは”Nacho Libre”でしたが、購入したものは旧作(1995y)ともいえる”Apollo 13”。大学生の時に映画館で2回、その後レンタルビデオで1回、DVDが発売されて購入し1回は見ていたので、もうすでに4回は見ています。でも、突然見たくなって衝動買い・・・。

ストーリーはほとんど分かっていながら、以前感動して泣いた場面も分かっていながら、同じ箇所で今回また泣きました。(5回目なんですけど)ただ、今回はHoustonにあるNASAコントロールセンターを実際に7月に見学した後だったので、今まで映画の世界だけのものだったのが、凄く身近に感じられました。写真はHoustonに実在する旧コントロールセンターです。

Dsc04546a

当時は最先端だったなコンピューター機器(今見るととてもレトロに感じます)と壁中に貼られた各Missionのシンボルマークが、3ヶ月たった今でも脳裏に焼きついています。

Dsc04548a

Odysseyが地球に再突入し交信不能になってから4分、皆が無事を祈る中で緊張を保ちながらの沈黙が続きます。突然現れるラシュートの画像、そしてLovell船長の”Hello, Houston, this is Odyssey. It's good to see you again!" こらえていた涙が溢れ出ます。まずここで1回。そして、僕が一番好きなLovell船長のフレーズがこれです。

Houston, we're stable one. The ship is secure. This is Apollo 13 signing off.

Dsc04605b

このフレーズで感動は頂点に、顔面の筋肉がヒクヒクしてました。2回は泣ける名作です。僕にとっての一番の名作であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

CBS and KCAL

LA Areaの地上波放送(英語)は、2ch CBS、4ch NBC、5ch KTLA、7ch ABC、9ch KCAL、11ch FOXが主な放送です。

困ったことにアメリカでは、ケーブルテレビが普及しているため日本のように屋上にアンテナを立てることはありません。ケーブルを契約しない=室内アンテナを立てなくてはテレビを見ることは出来ないのです。

しかも、チャンネルによって微妙に良く映る方向が違うので、綺麗に見るためには大変です。ダイアル式で周波数を変えるタイプもありますが、僕が購入したアンテナはその機能はなくて、アンテナ自体の向きを変えなくてはいけません・・・。なんて不便なアメリカ生活なんだ、と憤りを感じたのを思い出しました。

なんと衛星放送(日本のBS)がありません。テレビのリモコンにはBSチャンネルボタンすらないのですよ!! 日本にもあるCSと呼ばれる通信衛星であるSKY PerfectTVは、比較的普及していると思います。(別売りのチューナーが必要ですが)

最近の疑問なのですが、KCAL9のお天気キャスターのMs. Jackie Johnsonや、ReporterのMs. Suzie Suhが2chであるCBSに出演しているではありませんか?! メインのニュースキャスターは2局で違うのですが、一体どういうことでしょうか??

本日、KCALとCBSを時間を変えて見ていた際、同じニュースで同じ場所からの中継があったのですが、現地ReporterであるMs. Suzie Suhが全く同じ内容で2つの局に出演していました。さらに、以前このブログでも紹介したことのあるお色気ムンムンのお天気キャスターのMs. JackieJohnsonもCBSに出演、しかもまったく同じ衣装だったと思います。スポーツニュースであるSports Centralに関しても同じキャスターです。これってありですかねぇ?

http://azumamizutomo.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/ms_jackie_johns.html

日本では、局所属のキャスターが他局に出演するなんて絶対にありえないことだと思います。フリーアナウンサーならともかく、お天気キャスター、現地レポーターとスポーツキャスターなのに・・・。CBSとKCAL9が業務提携しているのでしょうか?

早速調べてみると、CBSとKCALは同じホームページにたどり着きました。さらにHP内に二つの局のマークが共存しています。ということは同一局ということ?? ニュース番組は20-22:30がKCAL、17-19と23-23:30までがCBSと時間をうまくずらしていました。この謎をご存知の方教えてください。

http://cbs2.com/

http://www.kcal9.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

Miss Teen USA 2006

NBCで本日20時から放映されたTVプログラム、

”Miss Teen USA 2006”

アメリカ各州から一人ずつ計51人のTeenagerが集まり(と言ってもほとんど17か18ですけど)、全米生中継でミスコンをするという、さすがはアメリカと言う企画・・・。

出てくる女性のほとんどが確かに美人です。あれ、でもほとんどが白人女性じゃないですか?? アフリカンアメリカン、ヒスパニック系の女性も少数居ましたが、アジア系はゼロ。おいおい、アジア系アメリカ人の割合が飛躍的に増えていてこれはないでしょう。やはりアメリカは白人中心の社会なんだと思わざるをえませんでした。

Top5に残ったのは、North Dakota、Georgia、North Carolina、Montana、Virginia。当たり前ですが全て白人女性。審査員からの質問に応える場面がありましたが、話し方を聞くとやっぱりまだTeenagerなんだなと思う女性もいましたね。

優勝はMontanaのMiss. Katie Blair。

Montana

あっ、見逃した~という旦那様。ご安心ください。こちらで51人の写真を見ることができますよ!(小さいですが、もちろん水着写真も見れます・・・)http://www.missteenusa.com/delegates/2006/files/MS.html

http://www.nbc.com/Movies_Specials_More/Miss_Teen_USA_2006/

個人的には、Nebraskaなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

Nacho Libre

さすがはアメリカ、コメディに関しても抜かりありません。

次に見に行く予定の映画は、ずばりこれです。

”Nacho Libre”

Nacho_desktop_md_1

予告編からKnock Outされてしまいました。よくもこんな物語が映画化されたものだとある意味で感心します。それにしても主演のJack Blackが同じ研究室のBobになんとなく似ているような・・・。ちなみに6/3の記事の左から3番目がBobです。

まあこの映画、アメリカンジョーク以外の何ものでもないですね。こんな格好で大々的に広告されているのですから。まあ、笑ってあげましょう!! あ、これ3流映画ではないですよ、全米公開される映画だと思います。

Nacho Libre: http://www.nacholibre.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

M:i:III

Memorial Day3連休明け。Raftingの影響から体は動きがまだぎこちないし、休みきった頭もさえません。

こんなときは気分一新スカッとするしかない!と思い、仕事を18時で切り上げて一人で映画と見ることにしました。家からすぐ近くのPaseo ColoradoにあるPacific Theatersへ直行。本日のお目当てはTom Cruise主演の”M:i:III” しかありません。

このシリーズはI、IIと見てきてますが、最近の派手なアクション映画の中でも僕は一番気に入ってました。ハイテクグッズが満載で、電子機器の未来像が見える気がするのです。

さて、映画の感想ですが、脳ミソがとろけた頭には最適、頭の中を一掃してくれました。ありえないアクションが、Tom Cruiseにかかると本当に出来てしまうように見えるのが、このシリーズの良さでしょう。嘘なんでしょうけど、シーンに嘘っぽさがないという感じ。壊すだけのアクション映画ではないところが、アメリカ映画として上出来、Three thumbs up!!

” I need you just trust me...”

Julia(妻)役のMichelle Monaghanもきれいだし(Jennifer Connellyになんとなく似ている?)、Team Member、Zhen役のMaggie Qが着る露出度120点の赤ドレスは必見です。Maggie Qはアジアのトップモデルだっただけあってスタイル抜群ですよ。日本公開は7月8日です。

それにしても、連休明けの火曜日、上映開始1930だけあって見ている人は10人くらい。僕は20分前からスタンバってたので一番良い席をゲット。マイシアターのようで気分良かった~。平日シネマクラブ、癖になりそうです、ハイ。

M:i:III  http://www.missionimpossible.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

The Da Vinch Code

本日は公開初日。ラボの仲間と総勢11人で早速見てきました。AlhambaraのEdwardsだったのですが、30分おきに上映されていました。映画館でこっそり題名だけを撮影。上映開始時にはアメリカ人達はこぞって拍手や口笛で盛り上がってました。

Dsc03808a

公開初日だけあって劇場は人、人、人。さすがは話題作、映画評論家からの評価はこれでもかというほど悪いですが、それでもたくさんの人がこの映画を見に来てました。

僕は、話題になっていた本も読んでおらず、事前の知識が全くない状態で字幕なし、英語のみという極めて理解に困難な状況。それでも、ストーリーに関しては良く出来たサスペンスかなと感じましたね。ネルンジャナイカトオモイマシタガ、なんとか最後まで見れました。

これから本を読んだり、解説本を読んだりして話題についていこうかなと思っております・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

United93

2001年9月11日、世界を震撼させた衝撃的なテロの日です。日本にいながら、あの破壊的な映像が繰り返し放送された日です。

U93_desktop_md_1

9・11を題材にした話題作、”United93”が今週金曜日、4月28日に全米公開されます。最近CMで流れていること、Newsでも話題作として取り上げられることも多かったのでご存知の方も多いと思います。

あの日、テロリストにターゲットにされた4機(American Airlines11、United Airlines175、American Airlines77)の中で、このUnited Flight93だけが目標のターゲットに到達せずに墜落しました。パイロット、クルー、乗客がテロリストに戦いを挑み、Washington DCのある国会議事堂へ激突を阻止したと言われ、この勇気ある機内での出来事が映画化されたと言われています。

September 11, 2001

Four planes were hijacked,

Three of them reached their target.

This is the story of the fourth.

United93便は、2001年9月11日早朝、NewarkからSan Franciscoへ向けBoeing757-222(機体番号;N591UA)で運航され、乗客37人、乗員7人の総勢44人。実はこのUnited93便、San Franciscoで機体は変わりますが同じ便名でNaritaに向けて出発予定だったのです。

どこまで事実に忠実かはわかりません。あくまでフィクションとして考えたほうが良いのでしょうね。公式HPの背景には”NEVER FORGET”の文字が見えますし、アメリカ人の心をグッと掴む映画だとは思います。僕は、TheaterかDVDで必ず見たいと思ってます。

United93: http://www.united93movie.com/index.php

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

High Definition (HD)

昨日のABCで放映されたSuper Bowlでは、HD放送(日本で言うハイビジョン放送)されていました。ABC(9ch)は、その後の放送からSouthern Californiaの放送局でいち早く、Newsを含めたすべての番組でHD放送を開始した、とPRしていますが気が付きましたか?

完全なHD映像はHD対応チューナー内蔵TVか、HDTV readyのTVにHD受信チューナーを増設しないと見ることが出来ません。しかし、ABCによるとそれらの機器がなくても映像レベルが改善すると言ってました。確かに普段の映像も他のチャンネルに比べて改善した気がしますが、気のせいでしょうか?

ケーブルTVはアメリカの方が先駆けだったせいもあり、日本は遅れていました。ただハイビジョンデジタル放送に関しては、日本では衛星放送(BS)ですでに数年前から開始していて、昨年から首都圏、大阪圏で本格的な地上波デジタル放送が開始しました。アメリカでも今まで試験的に放映されていましたが、信号レベルを落としたもので放送されていたので、これから本格的にHD放送が始まるといえるでしょう。

日本に帰国した際にハイビジョン放送を見ましたが、かなり繊細で綺麗な映像が見れます。言うならば映像が立体的に見えます。今の放送は、のっぺりとした平面的(2D)で前後の関係が分かりづらいですが、HD放送ではその場にいるような遠近感が感じ取れます。例えて言うと、背景に本棚があって画面には顔のアップ画像があったとすると、現在の放送では、顔の輪郭と後ろの本棚の境界がぼやけます。しかしHD放送であると、顔の輪郭がはっきり浮き出て、本棚が後ろにあって、その前に人がいると見て取れます。髪の毛1本から、ほくろ、しわまでもはっきりと確認できるレベルで、そして何よりも色の表現が鮮やかです(特に赤、オレンジ等のVivid Color)。

日本では2011年、アメリカでは2009年に放送電波の完全デジタル化が行われるようですから、それまでに液晶テレビ(LCD)、もしくはプラズマTVをはじめとする薄型TVの購入は避けられません。安心してください、価格はぐんぐん下がっていますので、そのうちブラウン管の値段に限りなく近づく日も来るのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

Flightplan

アメリカでは昨夏に上映された、Jodie Fosterが主演している ”Flightplan” のDVDが先週発売になったので、早速購入しました。CMで放映されていた段階からとても気になっていたのですが、結局見れなかったのでDVDの発売を待ち望んでいました。

Flightplan

ストーリーは今までにない脚本で面白いと思うのですが、後半の展開の仕方が急で疑問に思うところがありました。映画の中の効果音がとても良く出来ていて、機体がきしむ音とか、バックグランドのエンジンの音だとか、まるで機内にいるかのようです。それはさておき、めったにDVDを購入しない僕がこのDVDを購入したわけは、ズバリ最新型の旅客機の映像が予告編で見えたからです。

オール二階建てのフロア構造で、客席数800超。バーカウンターまで装備された豪華キャビンは、間違いなく今夏にシンガポール航空からデビューする予定のAirbus 380をイメージしたものだと思いました。しかし、メーキングの映像を見るとエアバスとは全く関係なかったようで少しがっかりしましたが、それでもおそらくこんな感じなんだろうなという想像が出来ました。去年、Travelerというアメリカの旅行雑誌にA380の記事を読んだ時に、機内のイメージ写真が写っていて、シートの配列、機内デザイン、そして何と機内に免税店ギャラリーらしきものまであったと記憶していたせいでしょうか・・・。

久しぶりにアカデミー賞女優であるJodie Foster主演の映画を見れたので、一ファンとしては嬉しい限りでした。あの女性ながらにして特徴的な低い声は印象に残りますね。

ちなみにシンガポール航空A380の初フライトは、ロンドン・ヒースロー(LHR)-シンガポール(SIN)-シドニー(SYD)に就航予定です。残念ながら日系の航空会社には発注されていないようです。

Fligtplan Official Site: http://video.movies.go.com/flightplan/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月 1日 (火)

有名人

LAといえばHollywood、Hollywoodといえば有名人セレブですよね。日本にいる時でもアメリカの有名人は雑誌やTVで知ることが出来ます。アメリカに来て結構TVを見る生活になってから気づいた事があります。

1、アメリカのTVCMには有名人はほとんど出演していない。

2、バラエティ番組が充実していない。ゴールデンタイムはドラマが大多数。

3、歌番組がない。

4、スポーツ中継が多い、特に週末。

5、Newsは同じネタを一時間おきに繰り返す。

うちは一般放送だけなので、CableTVを契約すれば多少上記は異なると思いますが、おおよそ上記は間違いではないと思います。

アメリカの有名人セレブはなんで有名人なのかを考えてみました。アメリカでのStarはやはり映画への出演がすべてモノを言っているのだと思います。あとはミュージシャン、TVへの出演ではなくラジオのOn Air回数が売り上げを左右していると思われます。

日本で芸能人はどれだけCMに出演しているかが、人気の指標になりますよね。有名人が出演しているCMは気になりますし、実際に出演することによる商品の売り上げも上がっていることがほとんどです。アメリカで商品の広告を見たことあります?例えば日本では、普通の日用品である清涼飲料水とかカビキラーとかシャンプーとか芳香剤とか洗顔料とか化粧品とか、電気製品だってコンピューターとかデジカメとか、はたまた生命保険までもCMで広告されていますよね。アメリカで見る事があるのは、携帶電話、車、Beerぐらいですがそれですら有名人が出ていることは相当珍しいように思います。広告メディアの考え方の違いなのでしょうね。

アメリカで僕は何を基準にスーパーで普段の日用雑貨の買い物をしているか?? 答えは明解、パッケージの印象と値段がSaleされているかどうかだけなんですよね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧