2006年12月28日 (木)

Last Dinner

引越しも日本に持って帰る荷物の準備は何とか終わりました。ただ、まだ何点か残っているものがあるので、メールでUSCの皆さんにリストを送って買い取っていただける方、欲しい方を紹介していただきたいので、その時はよろしくお願いします。

最後の晩餐は何が良いだろう・・・。shojiさんとkyokoさんと相談しました。中華?ステーキ?Tofu?タイ?北京ダック?和食??

どれも悪くはないのですが、あまりに日常すぎてピンと来ませんでした。そこで思い立ったのが、Texasで先輩のkenichiさんに連れて行ってもらったシュラスコ料理のFOGO DE CHAOのBiverley Hills店でした。皆さん食べたことがないし、ワイワイ騒げるし、食べ放題だし、肉は美味しいということで、Pasadenaを飛び出して行ってきました。

Dsc00005a

肉の種類の多さと、それぞれの肉の味付けが微妙に違うので、本当に飽きずにたくさん食べることが出来ます。みなさん、緑と赤のサインも理解していたので混乱もなくスムースでした。

おススメは、ベーコンで巻かれた小さめのFilet Mignonです。フィレは柔らかいし、ベーコンの味も美味しく、一度に2度美味しい感じです。もちろん、フィレ自体で頼んでもそれはそれで美味しいことには変わりません。

今晩も危うく写真を撮り忘れそうになりましたが、別れ間際のO.K.A家のリビングで写真を取ることが出来ました。

Dsc00010a

アメリカ生活を総括しますと、役所の仕事でさえも適当、サービス精神は全般的に最低、LAエリアの家賃は日本のバブル並みに高騰、特に食文化の違いには本当に困りましたが、今となって考えてみるとそれを自分で解決する術を身に付け、社会人になってから経験した日本とは全く異なる新しい苦労を乗り越えたわけで、肉体的に精神的に以前よりも一回り成長したパサデナ人になったと思っています。もちろん英語もそれなりには上達したかなと思いますが・・・。

残念ながらPasadenaから離れますので、パサデナ人はこれで終了です。1年6ヶ月の間で記事数は323になり、頂いたコメント総数は786にもなりました。僕の趣味と生活を書いただけのブログなのにここまで継続してこれたのは、皆さんの暖かいコメントと励ましがあったからだと思います。アメリカに来ることで知り合うことが出来た皆さん方と、今後は形を変えますが何らかの方法で日本でおつき合いできたら幸いです。皆さん留学という形で来られていますから、いつかは日本に帰国されるはずだし、帰国後に必ずお会いできると思っています。

明日アメリカを出発します。本当に有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

FOGO DE CHAO

アメリカでのゴルフは日本と違い18hスループレーなので通常は何も食べません。18ホールの死闘の後ですから、それはもう腹ペコです。

Dsc09706a

Dsc09703a

4人で向かったのは、Kenichiさんがおススメのブラジル料理であるシュラスコでした。シュラスコとは、肉が大きな串に刺さっていて、テーブル前で切り分けてくれる豪快な料理です。いわゆる食べ放題で、面白いシステムがこの店にはあります。

Dsc09718a

一見コースターの様ですが違います。ぜんぜん違います。この緑色が重要なのです。裏は赤色になっているのですが、それはNo Thank youのサイン。つまり表の緑色はYes Pleaseという意味で、テーブルの上に乗せておくと次々と引っ切り無しに各種の肉を持った店員さんがやって来ます。

Dsc09714a

Dsc09711a

(中央に店員さんがスタンバイしているのが分かりますか? 写真には写っていませんが、Kenichiさんの右で店員さんが肉を切り分けているのが、Keinchiさんの右手と視線で分かると思います)

目が合ったら最後、すでに店員さんは肉を切り始めていますから、その肉を専用のトングで掴んで自分の皿に移します。すぐに赤色のNo Thank Youにしないと大変な事になります。。。サラダバーも付いているし、肉の種類もFilet Mignon、Ribeye、Lamb Chop、Porkなど8種類ありますから、とても全部は食べきれませんでした。気になる味はというと、肉自体が柔らかくて、ジューシーであり味付けも良く美味しかったです。

いたずら好きのMazda君は、hideさんのマークを気づかないうちに緑色にしてました。hideさんは気づかず、そのサインに気づくまで店員さんの肉サービスを受け続けてました・・・。

Dsc09708a

値段は$46位で少し高めですが、この雰囲気と味なら皆で食べるには持って来いでしょう。LA AreaにもBeverley Hillsに支店があるようなので、ぜひどうぞ試してみてください。くれぐれもサラダバーは控えめにして下さいね!!

FOGO DE CHAO: http://www.fogodechao.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

Dunkin' Donuts

BostonでDuck Tourに参加した時に、アナウンスされていました。

”BostonではStarbucks coffeeとDunkin' Donutsとどっちが多いか知ってる??”

お馴染みStarbucks Coffee、でもなぜかそこにはやかん・・・。

Dsc09237a

Bostonで見かけることが多かったDunkin' Donuts(Baskin Robbin's)。

Dsc09292a

本日のスポーツニュースで元巨人、日本ハムの岡島秀樹投手が、Boston Redsoxと2年契約を締結しましたが、やはりそこにもDunkin' Donutsのスポンサーシップがありました。

Hideki_okajima

もうお分かりですね。Dunkin' Donuts91店舗:Starbucks36店舗とDunkin' Donutsの圧勝なのです。日本でもアメリカでも、今の時代どこでも見かけるStarbucksもBostonではまだ少ないようですよ。

参考までに紅茶の国イギリスでも、Starbucks Coffeeは沢山見かけました。さすがにこれには驚きました・・・。イギリスでStarbucksとは変な感じですよねぇ。

Dsc08206a

写真は、London Gatwick AirportからVictoria Stationを結ぶ列車であるGatwick Express内での車内販売されたCoffeeです。いつものStarbucksに間違いありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

Shiro

Zagat Surveyは有名ですから皆さんご存知でしょう。

2007 Los Angeles版をToshiさんが購入したので、さっそく見てみると栄光の1位は、”Matsuhisa”でした。さすがはNobu系列、LAではセレブに大人気のようです。上位ランク内を見てみると、どこかで聞き覚えのある名前が2位にランクインしていました。

それは、”Shiro”でした。日本の名前を連想させるこの店は、South Pasadenaにある店で、以前South PasadenaのBank of Americaに行った際に見かけて、その店名から気になっていたのです。帰国された、おかんさんが食事された事があった様で、”まあまあかな~。”といっていたのも思い出しました。

Dsc08971a

Thanksgiving前日の11/22、ラボのメンバー全員で行ってきました。僕はてっきり店のネーミングからカウンターつきの和食の店を想像していたのですが、ところが”Shiro”はWesternの店でした・・・。

水曜日は3 Plate+Dessertで$30.50のPrix Fixe Menuがあるので、これを頂きました。1皿目はパプリカ+チーズ、2皿目はロメインサラダ、メインはシュリンプと白身魚のカレー&シャンパンソース。

Dsc08965a

1皿目、2皿目は満足できるものではありませんが、メインは食べ応えがあります。カレーソースといってもカレーの風味が強すぎることなく、素材の味を引き立ててくれます。値段からすると満足感はありませんが、店は良い雰囲気です。ただし、大人数だと丸テーブルになってしまうのと、イスが食事するのに適した座り心地ではないです。他のテーブルもこのイスなので、2時間くらいのディナーを過ごすにはホールド感が足りません。

Dsc08969a

SHIROのおススメ料理は、Whole Sizzling Catfish  with Ponzu Sauce and Fresh Cilantro” で、いわゆるナマズです。これはZagat Surveyにも記載があるので、これを食べてみないと正当な評価はできないとは思っています。

Shiro: http://www.restaurantshiro.com/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

Goldfish

僕がご贔屓にさせていただいている柏の米寿司(よねすし)は、以前1月の記事で紹介しました。とても愛想の良い大将と女将さんにはいつもお世話になりっぱなしです。

寿司は何も申し上げる事が無いくらい美味しいのですが、もう一つ米寿司に行ったときに見ていただきたいものが、Goldfish(金魚) です。カウンターの後ろに水槽があるのですが、そこには珍しい金魚がたくさん泳いでいます。

Dsc06129a

Dsc06132a

大将が如何に金魚好きなのかは、来ているアロハシャツを見ていただければ分かると思います!! お嬢さんからプレゼントされたという金魚柄のアロハシャツは大将の人柄にぴったり合っていると僕は思います。

Dsc06137a

さて、いつもは炙って食べない魚を特別に炙っていただきました。初めて食べたのですが、これまた美味しい。もともと脂身の少ない魚なのですが、炙ることで香ばしさが出てきて、この魚独特の臭みが全くなくなり、また食感も変わります。口の中に寿司を運ぶ瞬間と噛んだ後の味わいが大きく変わります。みなさん、この魚が何だか分かりますか??

Dsc06119a

分かった方はかなりの食通とお見受けします・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

Athletes

US Open TennisはRoger Federer選手が3連覇を達成。しかもFederer選手はWimbledon選手権も4連覇という快挙でした。

Roger_and_andy

テニスの内容を見てもまだまだ全盛期は続くでしょうから、近年の絶対的な王者であったPete Samprasをも凌駕することと思います。

さて、この会場に別の競技のTop Athleteが観戦に来ていました。普段は古典的なボタン式ポロシャツで派手な色を着る機会の多いTiger Woods選手ですが、さすがにテニスの決勝戦を観戦とだけあっていかにもテニスしそうなスタイルで登場。

Tiger_us_open2

なかなか似合うじゃないですか?? ゴルフの試合の時は、派手な模様のポロシャツに渋い色のスラックス風ズボンという、どちらかというと危ない系のオヤジスタイルをするTigerですが、意外にもこの格好をすると爽やかなんですね。しかもキャップも逆かぶりですし。

日本では、アメリカ帰りの宮里 藍選手(LA・オレンジカウンティ在住らしい)が凱旋帰国でプレッシャーのかかる中、帰国初戦でしかもメジャー大会である日本女子プロ選手権で優勝。素晴らしいの一言ですね。

Top Athlete達の活躍は、刺激になりますね。僕もテニスにゴルフ、頑張ります。やっぱり研究ではなくスポーツなのか・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

Beer Garden

あるんです。夏の風物詩であるビアガーデンが、LAに!

Bg2006a

Toshiさんが見つけたこのビアガーデンに研究室のメンバーで行ってきました。場所はリトル東京のHotel New Otani内にある屋外日本庭園で、特設会場といった感じです。

あれ?? ポスターではかなりきれいな夜景が見えていますが、実際には庭園にある木々と建物が近接しているために、座席からはほとんど見えませんね・・・。そりゃ、ダウンタウンの中にいるわけですから、ダウンタウンを一望できるわけありません。それでも、心地よい気温と、屋外で飲める開放的な雰囲気は二重丸。まさに、日本の屋上ビアガーデンに間違いありません。

Dsc06095a

写真は左前からHiromiさんNo.1、Toshiさん、ryuさん、初登場こちらもHiromiさんNo.2、後列左、パサデナ人(Tomo)、初登場akikoさん(7月に帰国されたおとんさんの後任)

Tabaleには簡易のグリルが配置されていて、ビールを飲みながらBBQを楽しむという辺りはアメリカなんですが、それでも良い感じです。強いて言うならば、お通しの枝豆の塩気が全くないこと、刺身などの魚料理がないことが不満ですが・・・。

とっても込んでいますので、前もっての予約をおススメします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

Seaweed

最近、家にいる時に気が付くと自然とあるものを手にします。

ソファーベッドの前にひざ丈のテーブルがあって、そこにノートパソコンやら雑誌やらちょっとした食べ物とかいろいろ置いています。ソファーベッドに腰掛ける、もしくは床に座ってソファーベッドに寄りかかり、左前方のテレビをつけてノートパソコンをでネットサーフィンします。その時に何気に手を伸ばしているもの・・・、

それは、”おつまみ海苔”なんです。

Dsc05052a

もともと海苔好きだったのですが、アメリカに来てから日本食品のクオリティの高さを切実に感じているせいか、一層好き度が増した気がします。面白いことに僕の父親は海苔をはじめとした海藻類が食べられません。海苔の風味が美味しいから食べるのですが、将来に向けての発毛対策も兼ねてます。(遺伝には敵いませんので、できるだけ遅らせる努力・・・)

Dsc05061a

”上質の海苔に干しえび、ちりめんじゃこをまぶし、風味ゆたかに仕上げました。お子様のおやつや、スナック、お酒のおつまみになど、ご家庭のみなさまでお楽しみください。”

うにの味もあります。やめられない、とまらない~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

おろちょんらーめん

研究室からLittle Tokyo(LT)までわずか車で5分弱。昼ごはんは80%以上の各率でLTに向かいます。

Weller Courtの3Fにある”おろちょんらーめん”は、LAのラーメン店の中でも人に勧められる店だと思います。LT Areaにもいくつかラーメン店がありますが、ここのみそらーめん、辛さ3番、玉子つきが一番好きです。まずいラーメンを食べたくないので、最近は新しい店を開拓していないのはありますが・・・。

本日も昼にryuさんと二人でいつものおろちょんらーめんに行きました。いつもの光景にいつものらーめん・・・。そしてよく聞くryuさんのいつものコメント

”あの女の人かわいくない??”

自分の斜め前に座っていた女性。一人でラーメンを食べに来るとはスゴいなと、日本の女性らしく上品できれいな白いタンクトップを着ているなと思ったのもつかの間、ふと女性が顔を上げるとその方は、田村恵里子さんでした・・・。

そりゃ、まあかわいい訳ですわ。ryuさんはその時点ではわかっていなかったみたいだったので、田村恵里子だよ!と教えてあげました。”ああ確かにそうだねぇ、雰囲気違うと思ったよ・・・。” 

田村恵里子さんはLA在住歴も長いようで、元アイドルで女優、日本語TVのキャスターもされているだけあって、さすがにきれいな方でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

Buffet

Las Vegasは惨敗でした。誰一人として資金を増やすことが出来ませんでしたが、無事にTable Game Debutできたので良い経験だったなと思います。

Las Vegasといえば、砂漠ですから何といっても暑い!! 日中から真夜中までずっと暑い。道路から来る熱気が1日中続いているし、ホテルの駐車場は最悪で建物内に熱がこもりまさにサウナ状態・・・。ちなみに最高気温は華氏104度(40℃)ですから、本当に灼熱です。

もう一つ、Las VegasではBuffet(バフェィと発音する感じ、日本で言うビュッフェとかバイキング)が有名です。Gambleする人がすぐに沢山食べれるように、ほとんどすべてのホテル内のカジノに隣接するところにあり、ホテルのランクに応じて値段が変わります。基本的にはBreakfast、Lunch、Dinnerとだんだん値段が上がってきます。今回はWynnでしたが、Dinnerで$36+Tipでしたから、決して安いとはいえませんよね。

以前、弟とLasVegasに来た際、Bally'sでBuffetを食べたときに、一人で食べに来ていた(一人ってそうそういませんよね?)白人男性の食べ方に、Buffet攻略の真髄を見ました。これぞ、元を取る食べ方。

1皿目はプライムリブを5スライス、2皿目はシュリンプカクテル軽く20匹・・・。黙々とエビを両手で食べ続ける姿に二人で唖然としてました。3皿目に行った瞬間に、弟と次は何だろうか?と相談。肉、魚介ときたら次はまた肉だろうと僕は予想。弟は高いもの食べてばかりいるからそろそろ、小物だろうと。結果はやはり肉、ただし今回はプライムリブではなくビーフステーキ3枚でした・・・。4皿目はカニ、そして5皿目にとうとうデザートに到達し、ケーキ2種を平らげて終了。スゴイデス、ビツクリ。

今回僕は、その食べ方を参考にしてみました。結果、プライムリブ3枚→エビ5匹、カニ足x2→プライムリブ2枚→デザート・フルーツとなかなかの食べっぷりでしょう。かなりのハイパーカロリーを摂取しましたが、次の日の朝食もBuffet・・・。さすがに夜まで全くお腹が空きませんでした。しばらくBuffetは勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧