« Lab Christmas Party and Birthday | トップページ | Matsuhisa »

2006年12月22日 (金)

Lenz Lab

僕にはProf. Peter DanenbergとProf. Heinz-Josef Lenzの二人のボスがいました。Danenbergは基礎のMoleculer Biology、Lenzは臨床のMedical Oncologyです。

USCのポストの関係から、Danenberg研究室からドナドナされてLenz研究室入りするのですが、今から振り返ってみると研究内容と成果を考えるとベストだったなと思っています。

12/20にLenz研究室としての最後のMeetingに参加しました。そこでProf. Lenzから思わぬプレゼントをされて大感激でした・・・。USC/Medical Oncology/Research FellowshipとしてのDiploma(修了証書)を立派な額縁に入れて手渡され、そしてエンジ色のUSC Trojansのスウェットトレーナーを頂いたのです。

Dsc09832a

Lenz研究室も入れ替わりがあって、現在は左からFumionさん、Georg、早速スウェットを着ているパサデナ人(Tomo)、Wu、Eva、Prof. Lenz、Mellisa、Moon、Dongyun、Michaelです。本当は他にもAssistant Prof.であるBob、Will、Peter、Nicholeがいますが、クリスマス休暇で休みでした・・・。

そして、LenzのGrant ManagerであるKathy。学会出張の際の精算や、各種のUSCの書類手続きを快く手伝ってくれました。

Dsc09936a

Prof. Lenzの部下であるMedical Oncology所属のDr. Syma Iqbal、Dr. Anthony El-Khouieryです。コラボレートして仕事をしている関係から、日本では扱うことの出来ない数々のClinical Trial Samplesを提供してくれました。

Dsc09938a

今後、ASCOなどのアメリカの学会で彼らに会って話すことが出来るのも、留学で得られた楽しみの一つです。

|

« Lab Christmas Party and Birthday | トップページ | Matsuhisa »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/13235495

この記事へのトラックバック一覧です: Lenz Lab:

« Lab Christmas Party and Birthday | トップページ | Matsuhisa »