« Platinum Elite Member | トップページ | Winglet »

2006年12月14日 (木)

B737-800

2週間前に日本航空(JAL)がBoeing737-800を国内線に投入と言う記事を見ました。確かに日本国内では全日空(ANA)を含めて見たことがなかった気がします。

Jal_b737800

このB737-800という機種は特徴は何と言ってもそのウイングレットの大きさです。ウイングレットを持つジェット機は限られていてBoeingではB747-400(小さめ)と、最近製造されたB757-300(B737-800と同じ大型のもの)があります。AirbusはA319、A320、A321には上下に拡がった小さいウイングレット、最新鋭のA330、A340シリーズには中型のウイングレットが装備されています。

Dsc08782a

B737-700 (Alaska Air at Los Angeles)

Dsc02443a_1

B737-800(Aero Mexico at Houston)

Dsc04642a

B737-800(Continental at Houston)

Dsc04674a

B737シリーズはアメリカの航空会社各社が多数持っている機体シリーズであり、B737-300、-700、-800、-900は多数見かけます。1Aisleの3-3シート配列で120~180人くらいのCapacityで、特に格安航空会社の先駆者であるSouthwest航空が保有しているのはこの機体だけだと思います。-600だけ乗った事がありませんが、-600シリーズ以降の後期製造型は特にNew Generationと呼ばれていて、エンジンが高性能となった他にも幾つか機能が革新されています。

基本的には-oooのナンバーが増えるほど乗客定員が増えて機体が長くなります。航行距離は一般に機体が大きくなるほど機体総重量(機体+乗客+荷物)が重くなるので短くなりますが、-700は長距離用に設計されているので一番長いです。

このB737シリーズの巨大ウイングレットは、-700、-800と-900ERに装備されます。が、なぜか-900にはない気がします。主な目的は燃料効率の向上(省エネ)と離陸性能の向上です。

http://www.boeing.com/commercial/737family/winglets/index.html

|

« Platinum Elite Member | トップページ | Winglet »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/13106753

この記事へのトラックバック一覧です: B737-800:

« Platinum Elite Member | トップページ | Winglet »