« Napa Valley | トップページ | Seattle »

2006年11月 9日 (木)

I-110

Downtown LAからPasadenaを結ぶState highway 110は一番古いと聞いた事があります。どこまで含めて一番古いのかは分かりませんので、調べてみます。

このhighwayは古いせいか、片側3車線ですが幅が狭くて、しかもかなり曲がりくねっているので直線が一般的なアメリカのFreewayらしくはありません。ここを運転するのには少し注意が必要です。しかも路面も悪く、アスファルトではなくコンクリートなので路面からの騒音も大きいです。

前回10/10の記事にも書きましたが、Californiaの道路状況はかなり悪いです。そのニュースが出てからだと思いますが、この1ヶ月でState Highway 110の工事が始まりました。Pasadenaから2つ目のExitのOrange Grooveまでですが、ついにアスファルトに舗装され始めました。

でもですね、ちょっと工事の内容がおかしい感じているのは僕だけでしょうか? 通常、日本の道路工事の場合、元の路面を削ってから新しいアスファルトを埋めると思いますが、アメリカの工事は違いました。元あるコンクリートの路面の上にアスファルトを乗っけているだけで、抜本的な道路工事ではないのです。ですから、結局は雨が降ると路面に水が浮く始末なのです・・・。

表面だけを変えても中身は変わりません。しかも3車線変わると思いきや、上りは追い越し車線である一番右側が主体なのです。下りは3車線ともアスファルトに変わっていますが。唯一優れていることは、反射板を車線の境界に使用していることぐらいでしょうか。夜間に走行すると、白線よりもはっきりと境界を確認できると思います。

|

« Napa Valley | トップページ | Seattle »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/12632745

この記事へのトラックバック一覧です: I-110:

« Napa Valley | トップページ | Seattle »