« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

Halloween2

先週末はHalloween weekendでした。僕はPhiladelphiaに居ましたが、あまり街自体でHalloweenで盛り上がっている感じはしませんでした。東海岸はあまり盛り上がらないのでしょうか??

しかしながら、Philadelphia滞在中に1箇所だけ、予想外の所でHalloweenを感じることができました。それはどこだと思いますか??

Dsc07862a

分かりましたか? 正解はPhiladelphia International AirportのE Terminal、Southwest Airlinesの搭乗ゲートなんです。ゲートの横の掲示板に但し書きがしてありました。”仮装していないお客様は搭乗出来ません・・・。”

Dsc07865a

ははは、冗談です。地上職員の方たちも仮装せず普通の制服でした。でもアメリカですから、10/31の本番の日は違うかもしれませんよ!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

Indipendence National Histolric Park

Philadelphiaと言えばやはり独立宣言、アメリカ合衆国誕生の地として知られていると思います。大都市とはいえない比較的小さな街なのですが、ヨーロッパ諸国と比べると歴史のないアメリカにおいて、由緒ある古い建物が残されています。

フィラデルフィア国際空港(PHL)からSeptaという電車を使ってCenter Cityに行くのですが、各ターミナルに駅が直結していて乗るのは簡単ですが、切符の買い方にコツがいるのと、Septa運営の電車・バスが乗れるDaypassへの変換が出来るので、次回の記事にしたいと思います。

Indipendence National Historic Parkといって、一応、国立公園に分類されるようです。Liberty Bell、Indipendence Hall、Cogress Hallなどが隣接していて、歩いて街を回ることが出来ます。この街の木々は、日本と同じように紅葉し、葉の色を変え、やがて落とすので風情があります。

Dsc07656a

Dsc07708a

言わずと知れたPhiladelphia Museum of Artは、映画”ロッキー”で使われた表階段があります。本日は快晴で、夕日と青空がとても綺麗であり、この街の建物、彫刻と相まって良い写真が取れました。

Dsc07746a

Dsc07764a

Dsc07776a

この街は歩いていてとても気持ちが良い!! 街が汚くないのです。街自体に危ない雰囲気は無いのですが、歩いている白人は観光客、地元の人はAfrican Americanが多い印象でした。一人で歩いていたのですが、やはり薄暗くなると恐怖を感じます。Market East辺りのモールで晩ご飯を購入したのですが、アジア人は極少数であり、かなり浮いていた気が・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

APOLLO 13

昨日、仕事帰りにTargetに大好物のマカダミアナッツを買いに行きました。

目新しいものはないかなと店内を散策した後に購入したものは、お目当てのMAUNA LOAのマカダミアナッツを3種類、Maui Onion & Garlic、Kona Coffe Glazed、Honey Roastedとなぜか”Apollo 13”のDVDでした。

Apollo13

新作のDVDは”Nacho Libre”でしたが、購入したものは旧作(1995y)ともいえる”Apollo 13”。大学生の時に映画館で2回、その後レンタルビデオで1回、DVDが発売されて購入し1回は見ていたので、もうすでに4回は見ています。でも、突然見たくなって衝動買い・・・。

ストーリーはほとんど分かっていながら、以前感動して泣いた場面も分かっていながら、同じ箇所で今回また泣きました。(5回目なんですけど)ただ、今回はHoustonにあるNASAコントロールセンターを実際に7月に見学した後だったので、今まで映画の世界だけのものだったのが、凄く身近に感じられました。写真はHoustonに実在する旧コントロールセンターです。

Dsc04546a

当時は最先端だったなコンピューター機器(今見るととてもレトロに感じます)と壁中に貼られた各Missionのシンボルマークが、3ヶ月たった今でも脳裏に焼きついています。

Dsc04548a

Odysseyが地球に再突入し交信不能になってから4分、皆が無事を祈る中で緊張を保ちながらの沈黙が続きます。突然現れるラシュートの画像、そしてLovell船長の”Hello, Houston, this is Odyssey. It's good to see you again!" こらえていた涙が溢れ出ます。まずここで1回。そして、僕が一番好きなLovell船長のフレーズがこれです。

Houston, we're stable one. The ship is secure. This is Apollo 13 signing off.

Dsc04605b

このフレーズで感動は頂点に、顔面の筋肉がヒクヒクしてました。2回は泣ける名作です。僕にとっての一番の名作であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

David Copperfield

まずは下記をクリックしてください。ダマされたと思って、パサデナ人を信用してください!

「DavidCopperfield1.pps」をダウンロード

どうですか?? 信じられないですが、当たります。僕は5回やって5回とも見事に当てられました。一体どういう仕組みになっているのか・・・、不思議です。

David Copperfield(デビッド・カッパーフィールド)は、世界一のマジシャンであると言われています。このファイルの出所が当人からかどうかは不明です。最近、研究室の同僚であるJoyceと面白ファイルのやり取りをしていて、手に入れました。

これを試してから、David Copperfieldのマジックショーをこの目で見たくなったのは僕だけではないでしょう。幸いな事にLas VegasのMGM Grandで見ることが出来るので、もう行くことのないと考えていたLas Vegasにもう一度行くことになりそうです。

日本に在住の方、12月6~10日に東京国際フォーラムで日本公演があるみたいです。5日間限りの開催ですからお見逃し無く。日本語でDavid Copperfieldの事が書かれているHPをYahooで検索しましたが、どれも素晴らしいとの評価です。座席料は少し高いですが、本場Las Vegasのショーを見に行くよりもはるかに安いですよね。

日本公演の詳細は、”David Copperfield最新情報”というHPからリンクさせて頂きました。

http://homepage3.nifty.com/MagSting/DCopperfield/DC-Japan2006.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

Retreat

10/22から23にかけて、Keck School of Medicine of USC, Biochemistry & Molecularbiology主催のRetreatに参加してきました。場所はNewport BeachにあるHyatt Regency Hotelで、1泊して2日間に渡りました。

Retreatとは?? 僕の個人的な意見ですが、今回はDepartment内の年1回の小学会みたいなものでしょうか。内輪だけで行う分いくらか砕けた感じで、全体的に和やかな雰囲気でした。参加者は少ないかと思いきや、意外に100人はいたでしょうか。これほどの研究者がBiochemistry & Molecularbiologyに在籍しているのも驚きでしたが、ほとんど知らない人ばかりだったのには更に驚きです。みんなNorris付近にいるんですねぇ・・・。

10時からの口頭発表、アルコールが入りながらのポスター発表、そして夕食。朝から晩までびっしりとプログラムが決まっているので、なかなか体力的にも厳しいものがあります。興味がある発表は、2つくらいだったのもありますが。宿泊費、飲食費とすべてカバーされていたのと、参加証であるロゴ入りT-Shirtsを貰ったので、まあ良しとしましょう。

Dsc07545a

ボスのPeterラボからは、ドイツ人留学生Andreas、ryuさんと僕の4人だけの参加でした。ほとんど一緒に行動していたなかで一番思い出に残ったのは、少し早いHappy Hourの16時から4人でHotel内のBarで飲んだこと。Patron Silverテキーラショットをx2(懲りずに・・・)、マルガリータx1とかなりハイペース、しかも空きっ腹だったので、ダイレクトに体内に浸み込みました。テキーラショットは楽しかったなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

DTW

アメリカ国内を旅行する際にLAから東海岸への大陸横断をすると、ほとんどのアメリカ系航空会社では経由便を使う割合が高いなと感じている方も多いと思います。New YorkやWashington D.Cなどの大都市へは西海岸からの直行便が就航していますが、それ以外の都市では、ほぼ経由便と断言しても良いと思います。

アメリカ航空会社が採用しているHub(ハブ)といわれるシステムの為なのですが、簡単に言うと大陸を大きく2~3つに分けて、それぞれのゾーンでHub空港(基幹空港)を作ることで、そこから近隣の中小空港に向けて接続便を飛ばすということになります。ハブ空港を中心として、自転車の車輪であるスポークのように拡がるので、正式にはハブandスポークと言います。

僕が主に使っているNorthwest Airlinesは、Detroit、Minneapolis、Memphisにハブ空港を作っています。その中でも、Detroit Metropolitan International Airort(DTW)が中心空港であり、Northwest WorldGatewayと謳っているだけあってDTWには信じられないくらいのNW機が駐機しています。

Dsc05450a

DTWにはNorthwest Airlines専用のターミナルがあり、搭乗ゲートの数はNWだけでおよそ130!! 広々としていて近代的であるのに加え、清潔感が漂い、免税店やShopも充実、しかもWestin Hotelがターミナル内にあり、ターミナル自体が横一線に拡がっている機能的な設計ですからまず迷うことはありません。広すぎるターミナルをカバーする為に、ターミナル内にTramという真っ赤な乗り物が走っているくらいですから。

Dsc05454a

Dsc05449a

DTWからはアメリカ国内のほとんどをカバー、さらにヨーロッパ各地、中米、アジア(日本)へ運航しているので利便性はかなり良いのです。次回はアメリカの大手といわれる、American、United、Delta、Northwest、Continentalのハブ空港をリストしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

Goldfish

僕がご贔屓にさせていただいている柏の米寿司(よねすし)は、以前1月の記事で紹介しました。とても愛想の良い大将と女将さんにはいつもお世話になりっぱなしです。

寿司は何も申し上げる事が無いくらい美味しいのですが、もう一つ米寿司に行ったときに見ていただきたいものが、Goldfish(金魚) です。カウンターの後ろに水槽があるのですが、そこには珍しい金魚がたくさん泳いでいます。

Dsc06129a

Dsc06132a

大将が如何に金魚好きなのかは、来ているアロハシャツを見ていただければ分かると思います!! お嬢さんからプレゼントされたという金魚柄のアロハシャツは大将の人柄にぴったり合っていると僕は思います。

Dsc06137a

さて、いつもは炙って食べない魚を特別に炙っていただきました。初めて食べたのですが、これまた美味しい。もともと脂身の少ない魚なのですが、炙ることで香ばしさが出てきて、この魚独特の臭みが全くなくなり、また食感も変わります。口の中に寿司を運ぶ瞬間と噛んだ後の味わいが大きく変わります。みなさん、この魚が何だか分かりますか??

Dsc06119a

分かった方はかなりの食通とお見受けします・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

Kilauea

アメリカ国立公園は西海岸から山岳エリアにほとんどが集結しています。しかしながら、いわゆる本土ではない州であるAlaskaやHawaiiにも国立公園は存在します。AlasakaはDenali National Park 、HawaiiはHawai'i Volcanoes National Park でかなり気候の異なる2州ですが、以外にも共通点がありどちらも山を中心としているのです。

Denali National Parkは雪山で有名なMt. McKinley(マッキンリー、登山家の植村直己さんが遭難したところでも知られています)、Hawai'i Volcanoes National Parkは活火山で有名なKilauea(キラウエア)なのですが、僕は幸運にもどちらも行った事があります。

アメリカの国立公園は比較的多く見て回りましたが、どれも大自然のスケールが大きく圧倒されました。岩壁の山、渓谷、砂漠、滝、森林とそれぞれが違った景色を見せます。その中でKilaueaで唯一見れるもの、それはLava Flow(溶岩流) なのです。

黒くゴツゴツした昔の溶岩を見ることも出来ますが、ご存知のように活火山なので実は真っ赤な溶岩もすぐ目の前で見ることも出来るのです。その為には溶岩台地をかなり歩くこと、また夜間のトレッキングが要求されるので簡単ではありません。

Dsc06996a

世界中を見ても溶岩流が海に直接注ぎ込み、そこから水煙を上げている姿を見れるのは、ここKilauea以外にはないと思います。大自然の驚異を感じ、言葉をなくすほど感動した瞬間でした。

Dsc06974a

2003年4月、溶岩が道路を覆ってしまったその境界です。

Dsc06990a

さらに、溶岩台地を少しばかり歩けば、海面の高さから海に直接注ぐ様子を垣間見ることが出来ます。Park Rangerが常に状況を監視をしていて、監視用に使っている単眼鏡を覗かせてもらったのですが、それはもう感動、感動の嵐でした。

「MOV07012.MPG」をダウンロード

”注ぎ込んでいる海面付近をずっと見ててごらん。”初めは水煙しか見えなかったのですが、風向きが変わった瞬間に目の前に現れたもの。それは真っ赤な溶岩だったのです。

Dsc07009a

真っ赤と形容しましたが、実際はオレンジ色といった方が良いでしょうか。とても力強い色であり、今でも脳裏に焼きついています。海面から上がった水煙は途切れることはありませんでした。(上記写真は奇跡的にその瞬間を捉えたものです。実際はかなり距離があるので、その赤さを裸眼で見ることはかなり視力が良くないと厳しいです)

Hawai'i Volcanoes National Park: http://www.nps.gov/archive/havo/home.htm

http://www.nps.gov/archive/havo/images/lava_20060620_view.pdf

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ASU

アメリカンフットボールに関しては、毎週土曜日はNCAAカレッジフットボール、日曜日はプロのNFLと完全に住み分けていて、地上波TVでも朝から晩まで中継されています。

Dsc07522a

先週はMLBのプレーオフに行って休みましたが、本日はvs Arizona Stateに行って来ました。結果は28-21と接戦であり、内容は満足できるものではありません。第2Q早々に21-0とした後から、何と3連続TDを奪われるのですが、点の取られ方がマズイ・・・。

Dsc07523a

後半の第3Q開始早々、キックオフ直後の最初のプレーでQB#10 John David Booty選手がファンブル、自陣20ヤード地点で相手にカバーされ、その後あっけなくTDを取られて21-14。後半の攻撃は覇気が全くなく、QBからエースレシーバー#8 Dwayne Jarett選手へのパスも全くタイミング合わず。(Booty選手がパスを投げるもJarett選手は走っている途中で背を向けたまま・・・)

ちぐはぐな攻撃だと感じた次の攻撃シリーズ、自陣33ヤード地点から再度Jarett選手へのパスが先程と同様だと思った瞬間、相手CBにインターセプトされそのまま15y走られてTDを奪われます。2つの大きなミスで21-21の同点に、やはりミスは流れを変えます。

Dsc07530a

何とか最終第4Qの攻撃シリーズで、RB #23 Chauncey Washington選手の10回のキャリー計64ヤードの活躍でTDを奪い、やっと28-21と勝ち越して試合終了。今後の予定は、2週アウェーで試合をした後、3週連続でランキング校との対戦でColiseumに#18 Oregon Ducksと#10 California  Golden Bears、そして#9 Notre Dameを迎えます。踏ん張ってこのまま無敗で乗り切ってくれる事を祈るばかりです。

試合前の国歌斉唱のセレモニーの時でした。北の方から2機の戦闘機が、平行に隊列を組んでColiseumに向かってくるのが見えました。近づくに連れてはっきりと姿が見えたのですが、何とその戦闘機は、ステルス!! Coliseumに向かってきて、すぐ上空を旋回して通過したので、はっきりと正面と側面を見ました。スゴいです、戦闘機は何度か見た事がありますが、ステルスにお目にかかれるとは・・・。今日の一番の収穫ですね。

Dsc07517a

下記に拡大してみました。

Dsc07517b

カレッジフットボールの1試合の為にステルスを飛ばしてしまうとは、アメリカとは凄い国です。San Diegoでエアショーを今週末に開催しているので、その為なのだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

DMV

今年もCar Registrationで苦労しました・・・。

昨年は、期日までにRenewal FeeをDepartment of Motorveicle(DMV、日本で言うところの免許センター+車検場みたいな役所です)のサイトからクレジットカードで支払ったのにもかかわらず、ステッカーと新しいRegistration Cardが送られて来ませんでした。原因は、Smog Checkかなとも思ったのですが、実はLiability Insuranceの確認が必要だっただけで、DMVに出向き証書を見せただけで問題は解決しました。

今年はと言うと、送付されてきたRenewal NoticeにInternetで支払いをするための、Renewal Identification Number(RIN)の記載がなくて、DMVのサイト上でのカード支払いが出来ませんでした。

ryuさんもちょうどアメリカに来て1年。そろそろ更新なんじゃないの?と聞いたところ、そうなんだけどDMVから何も連絡が来ないと・・・。引越しをしたから郵便物紛失とか不着の可能性もあるので、ついでなのでDMVに一緒に行きました。

研究室から一番近いのは、車で3分くらいのところにあるLincoin Park。100%ヒスパニックエリアです。以前はかなり混んでいた記憶があったのですが、14時ごろに行くと結構空いていて、アポイントメント無しでも10分くらいの待ち時間と、かなり早くてビックリ。

結論から言うと、車の事で困った事があればまずDMVに行って見ること” だと思います。ネットで支払いが出来ないのだけど・・・、と言うと”ここで払えるわよ。”とのこと。ただし、クレジットカードは取り扱っておらず、支払い方法はCach、Checkと銀行のデビットカードのみです。そして今年はInsuranceの証書も持参していたので、かなりスムースでした。

一方のryuさんも期日まで僅かで、ぎりぎりの支払いであったことが発覚。Renewal Noticeが送られてこなかった原因は定かではありませんが、DMVのサイト上で住所変更をしていたにもかかわらず、DMVのシステムには旧住所の登録しかされていませんでした。やはり適当、どうしていつもこうなんでしょうかね・・・。二人ともその場で支払いを済ませ、すぐに新しいRegistration Cardと2007と印刷されたエメラルドグリーンのシールを受け取り、一件落着。

電話で連絡しても拉致が明かない、テストに受かったのに免許が来ないとか、困ったときはすぐにDMVへ直行することをおススメします。この国では、待っていても100%何も起きませんので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

Rough Ride In The City

LA Areaの道路は走りにくいと、以前このブログの記事にも何度か出てきていると思います。例えFreewayでも、日本のアスファルト舗装ではなくコンクリート舗装であるし、一般道でもデコボコの道路が多いと感じていました。雨の日のFreewayの走行は、路面に水が浮いていて危険極まりないです。

10/2のニュースで、僕の感じていたことが正しいと実証されました。ABC7のテレビで見ていて出てきた、TRIPという団体が発表した”Rough Road In The City”なるレポートがあるのです。

それは、人口50万人以上の大都市における、舗装された主要道路とFreewayの粗悪な状態の割合を調べたレポートです・・・。

San Jose – 66 %, Los Angeles – 65 %, San Francisco – Oakland – 58 %, Kansas
City – 58 %, New Orleans (pre-Katrina) – 56 %, San Diego – 54 %, Sacramento – 50 %, St.Louis – 46 %, Omaha – 46 % and New York City – 45 %.

カリフォルニアは5/10のランクインで、しかも上位3位を占めるという悲惨な状況でした。僕が感じていた事は、主観的な事ではなく客観的だったということなのです。

電車が生活圏内によく整備されているとは言えず、バスも安全とはいえないし、車なしでは生活できないAreaなので、ぜひともこの道路環境を改善して欲しいものです。このあたりどうお考えですかね? シュワルツェネッガー知事様。

TRIP: The Road Information Program http://www.tripnet.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

Win & Lost

昨日、ここまで4戦全勝のUSC TrojansはLA ColiseumにWashington Huskiesを迎えての試合でした。僕はSeason Ticketを購入しているので、当然観戦に行ったのだろうと思われるでしょうが、ある事情により已むを得ず他の方にチケット讓ることにしました。

Trojansは先週の試合と同じような接戦でした。リードしているものの、第4Q残り1分を切っても攻められている状況で、最後の1プレーまで相手に一発逆転の可能性があり、辛うじて26-20で勝利。試合終了直前まで攻められている状況を見ると、今年1月に行われた悪夢のRose Bowlでの敗戦が思い出されます・・・。これから、Oregon、California、Notre Dameとランキング校との対戦がありますが、とても心配です。

僕がどうしても見に行きたかったもの、それはDodger Studiumで行われたMetsとのDivision Series第3戦でした。それもそのはず、見に行きたかった本場MLBのプレーオフに加え、Greg Maddux投手が先発予定となれば、行くしかないでしょう!

Dsc07293a

Dsc07335a

これでMaddux投手の登板を見れたのは3回目になりますが、初回からMets打線に野手の間に落ちるラッキーなヒットを重ねられ3失点。その後は巧みな投球術が戻りますが、3回にも1点を失い、4回で4失点してしまいます。

Dsc07346a

プレーオフの熱気はいつもとは違いました。いつもは埋まることのない4階席もほぼ満員。56293人の入場者数、そのほとんどがDodgersファンであり、ファンの声援が後が無いDodgersを後押しします。

Dsc07387a

Jeff Kent選手の同点ホームラン、さらに5-4と逆転に成功したときは、球場全体が”Let's go Dodgers!” コールに包まれ、ここ一番の盛り上がりでした。

「MOV07404.MPG」をダウンロード

Dsc07405a

しかし、リリーフ投手が次々と打たれ敗戦濃厚な試合展開。せっかくのプレーオフだから最後まで見ていこうと思っていたのですが、夜の寒さも厳しいです。かなり冷え込んで来て、試合にも集中しなくなってきた矢先に一つ良い事がありました。シーズン中は勝ち試合の9回にしかその姿を見せなくなるほどクローザーとして信頼を得た、斎藤隆投手が急遽8回途中から登板したのです!

Dsc07420a

躍動感あふれる、しなやかな投球フォームから、見事な切れを見せる変化球でこの日も見事に仕事を果たします。アメリカではもう見れないなと思っていたので、本当にラッキーでした。

「MOV07431.MPG」をダウンロード

試合は5-9で敗戦、DodgersはMetsにSweep(3連敗)を喫し、Division Seriesで敗退しました。しかし、USC Trojansは5戦全勝、Harris Pollでは全米ランキング#2と健闘しています。まだまだこれからが秋のスポーツシーズンの始まりです。

Dsc07308a

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

Division Series

National Leage Division Seriesの相手はNY Metsで、Shea Studiumで10/4と5に行われました。しかし、Dodgersはまさかの2連敗を喫しもう後がありません。

明日はLA Dodger Studiumに移っての第3戦で、先発はGreg Maddux投手が予想されています。

さて、本日はMLBのPost Seasonチケットの値段について書きます。

SEAT LOCATION

Nlds_lad_03
(3 games)

Nlcs_lad_06
(4 games)

Ws_lad_08
(3 games)

Baseline Field Box

$156.00

$206.00

$256.00

Baseline MVP

$106.00

$156.00

$256.00

Infield Baseline

$66.00

$106.00

$256.00

Preferred Baseline

$66.00

$106.00

$256.00

Baseline Area

$56.00

$106.00

$256.00

Club

$46.00

$66.00

$206.00

Field Box VIP

$66.00

$106.00

$256.00

Field Box MVP

$66.00

$106.00

$256.00

Infield Box

$56.00

$86.00

$256.00

Preferred Field Box

$46.00

$66.00

$206.00

Field Box

$41.00

$66.00

$206.00

Loge Box VIP

$51.00

$81.00

$256.00

Loge Box MVP

$51.00

$76.00

$256.00

Infield Loge Box

$36.00

$66.00

$206.00

Preferred Loge Box

$36.00

$66.00

$206.00

Loge Box

$26.00

$56.00

$206.00

Infield Reserve

$26.00

$56.00

$181.00

Lower Reserve

$21.00

$46.00

$156.00

Reserve

$21.00

$46.00

$156.00

Top Deck

$21.00

$46.00

$156.00

Pavilion

$21.00

$46.00

$156.00

* Included in the price is a $6.00 refundable facility fee. Additional refundable Ticketmaster fees may apply. Ticketmaster per order processing fee is not refundable.

ポストシーズンはDivision Seriesに関してはレギュラーシーズンチケットよりも安い席もありますが、Division Championshipは軒並み3割り増し程度に値上がりしてます。驚きはWorld Seriesです。外野席のPavilionは通常$10ですが、なんと$156に!! Preferred Field Boxは$50が4倍増の$206ですからスゴいですよね。

Maduux選手の活躍を期待しましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

CBS and KCAL

LA Areaの地上波放送(英語)は、2ch CBS、4ch NBC、5ch KTLA、7ch ABC、9ch KCAL、11ch FOXが主な放送です。

困ったことにアメリカでは、ケーブルテレビが普及しているため日本のように屋上にアンテナを立てることはありません。ケーブルを契約しない=室内アンテナを立てなくてはテレビを見ることは出来ないのです。

しかも、チャンネルによって微妙に良く映る方向が違うので、綺麗に見るためには大変です。ダイアル式で周波数を変えるタイプもありますが、僕が購入したアンテナはその機能はなくて、アンテナ自体の向きを変えなくてはいけません・・・。なんて不便なアメリカ生活なんだ、と憤りを感じたのを思い出しました。

なんと衛星放送(日本のBS)がありません。テレビのリモコンにはBSチャンネルボタンすらないのですよ!! 日本にもあるCSと呼ばれる通信衛星であるSKY PerfectTVは、比較的普及していると思います。(別売りのチューナーが必要ですが)

最近の疑問なのですが、KCAL9のお天気キャスターのMs. Jackie Johnsonや、ReporterのMs. Suzie Suhが2chであるCBSに出演しているではありませんか?! メインのニュースキャスターは2局で違うのですが、一体どういうことでしょうか??

本日、KCALとCBSを時間を変えて見ていた際、同じニュースで同じ場所からの中継があったのですが、現地ReporterであるMs. Suzie Suhが全く同じ内容で2つの局に出演していました。さらに、以前このブログでも紹介したことのあるお色気ムンムンのお天気キャスターのMs. JackieJohnsonもCBSに出演、しかもまったく同じ衣装だったと思います。スポーツニュースであるSports Centralに関しても同じキャスターです。これってありですかねぇ?

http://azumamizutomo.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/ms_jackie_johns.html

日本では、局所属のキャスターが他局に出演するなんて絶対にありえないことだと思います。フリーアナウンサーならともかく、お天気キャスター、現地レポーターとスポーツキャスターなのに・・・。CBSとKCAL9が業務提携しているのでしょうか?

早速調べてみると、CBSとKCALは同じホームページにたどり着きました。さらにHP内に二つの局のマークが共存しています。ということは同一局ということ?? ニュース番組は20-22:30がKCAL、17-19と23-23:30までがCBSと時間をうまくずらしていました。この謎をご存知の方教えてください。

http://cbs2.com/

http://www.kcal9.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

Post Season

本日がMLBの最終戦。今年は、American League CentralでもDetroit TigersとMinnesota Twins、National League WestもLA DodgersとSan Diego Padresが最終戦まで同率首位で並び、Division Championが決まらない程の大接戦。

LA Dodgersは、SD Padresとのデッドヒートで最終戦は2チームとも勝って、88勝74敗の同率首位。しかし直接対決でPadresが上回っていたため首位は讓りました。しかし、Wild Card 1位で堂々と2006 Post Seasonに進むことが決まりました。

Takashi_saito_celebration

昨日の試合でプレーオフ進出は決まっていたのですが、Division Championになれるかどうかで、ホームアドバンテージを得られることと、Division Seriesの対戦相手が変わってくるので本日まで争っていたわけです。

昨日はMaddux選手が、中3日の緊急登板だったにもかかわらず、SF Giantsを7回3安打2失点に抑え、最後は斎藤隆選手が締めて必勝リレーで勝利。これでMaddux選手は15勝14敗と白星先行し、Dodgersに移籍後は6勝3敗で、先発して勝ち負けが付かなかった試合を含めると8勝4敗であり、防御率は3.30(シーズン通算では4.20)と、見事に期待に応えました。

Maddux_beer

プレーオフ進出を目指しての獲得でしたから、大成功だったといえます。しかし、これからが本番なのです。333勝投手はPost Seasonの経験も豊富です。10勝10敗で防御率3.22の成績に加え、Atlanta Braves時代にWorld Championにもなっていますから。

1日休んで10/3からが1ヶ月近くかかるMLB Post Season Matchの始まりです。World Series進出、そしてWorld Championを目指して長い戦いが始まります。

Bonds_100106

もう一つニュースがあります。本日の最終戦で、ホームラン歴代2位の734Home runを打っているBarry Bonds選手が、SF Giantsでの最後の試合となったようです。引退かどうかは定かではありませんが、Giantsユニフォーム姿のBonds選手はこれで見納めです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »