« Interest Rate | トップページ | Post Season »

2006年9月30日 (土)

13th Nibei Cup

UCLAの先生方との交流である第13回Nibei Cupに参加しました。 今回は、ホームコースであるMalibu Country Clubでも何度か行っているAngeles National Golf Clubでもありませんでした。

幹事であるMinoruさんが今回選んだのは、Lost Canyons Golf Clubでした。Pete DyeとFred Couples設計のコースで、別名”Lost Ball Canyons”とも言われている難コース。タダでさえ難しいといわれるPete Dye設計であるのに加え、かなりアップダウンを要する渓谷コースで、アメリカに多いGPSナビもないのです・・・。

Dsc07253a

Dsc07257a

何を間違えたかGold Tee(Back Teeです)でスタートしてしまい、6710yのPar72、Rating 73.6、Slope143とかなりの難易度です。Slopeとはアメリカで標準的なゴルフコースの難易度を表す指標で、標準が113、最高155、最低55からなり、さまざまな要素から決定され、USGA(全米ゴルフ協会)によって考案されたものです。

Lost Canyons Golf Club (Sky Course、Gold 6710yrds)

HoleOUT101112131415161718 INTOT
Par 4 3 4 5 5 4 3 4 4 36 4 4 5 3 5 4 4 3 4 36   72
Tomo 4 4 4  9 6 7 3 5 6 48 5 4 9 4 5 8 4 3 5 47   95

Target Player向きのゴルフコースで、真っ直ぐに飛ばない=トラブルとなります。ドライバーがフェアウェーキープ出来た時は、ParかBogeyで上がれましたが、そうでない時はもう大変。+4の大叩きholeが3holesあったにもかかわらず、95が出たのはParを7つ取れたからでしょう。

いつも教わっているプロからの教えを再確認してから、アイアンの方向性がかなり良くなり、ドライバーがスライスする確率も大分下がりました(良いときはストレートボールで、スライス回転が出てもフェードといえる球筋でこらえています)。

課題はパットとドライバーに尽きます。今回は39パットと1hole平均で2打以上、ドライバーもフォームが崩れたときに出る、フェースの開きで生じるスライス回転でのOBが4発。このミスを無くしていけば、いいスコアがコンスタントに出ると思います。今後も精進していきます。

Dsc07258a

帰りに本日参加の5人(1枚目右からBunichi先生、N先生、2枚目Eijiさん、3枚目幹事のMinoruさん、Tomo)でResedaにある”Ramen日本”へ行きました。Menuはすべて英語でしたが、中身は日本のらーめんに間違いはありません。僕のらーめんランキングでも上位に入りますね。

Dsc07261a

Dsc07262a

Dsc07263a

Lost Canyons Golf Club:http://www.lostcanyons.com/index.php

Ramen Nippon:6900 Reseda Blvd Ste B, Reseda, CA 91335-4265

|

« Interest Rate | トップページ | Post Season »

コメント

 Tomoさん、難関コースを95なんてすごいじゃないですか!!僕も曲がることが多いので、きっとOBばかりでしょうね。
でも、最近はそういうコース用に、アイアンで攻める練習もしています。いつか一緒にラウンドしましょうね☆

投稿: 筧 | 2006年10月 1日 (日) 03時15分

筧さん、
アイアンで攻めるなんて、The Openの時のタイガーみたいですね。確かに、ドライバー以外のクラブではそれ程大曲がりしないから、名案だ!
今度はユーティリティーとアイアンだけで回ってみようかな。

投稿: パサデナ人 | 2006年10月 2日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/12108272

この記事へのトラックバック一覧です: 13th Nibei Cup:

« Interest Rate | トップページ | Post Season »