« 空港セキュリティについて | トップページ | Miss Teen USA 2006 »

2006年8月13日 (日)

The Professor

精密機械といわれるGreg Maddux選手のピッチング。”Mad Dog”はマダックスからネーミングされたニックネームですが、その投球術から”The Professor”とも呼ばれています。http://www.suisui.ne.jp/~jc33/PITCHER%20%20MLB%20maddux.htm 

Maddux選手についての詳しい経歴はこちらを参照ください。大変素晴らしいsummaryです。http://circlechange.com/mlbp/GMaddux.php

Dodgersでの3回目の登板となった本日の相手は、Barry Bonds選手率いるSan Francisco Giants。過去に123回の対戦がある二人ですが、Greg Maddux選手が300勝、Barry Bonds選手が700ホームランを達成してからは初めての対戦。この300勝投手vs700HRバッターは史上初だったのです。

Maddux投手は、1回表に2人にヒットを許しますが、その後の投球は圧巻。”The Professor”とも称される投球術を披露しました。1回2outから8回までの打者22人に対してパーフェクトピッチング。投げた投球数はわずか68球で、そのうちストライクが50球ですから、抜群のコントロールでしかも打者の打てないコースに投げたことになります。

これでDodgersへの電撃移籍後のピッチングは、20イニングを投げ、防御率0.90の2失点、許したヒットはわずかに9本。本日も見事なグラブ捌きを見せました。1回裏、Bonds選手との対決、ピッチャーライナーで見事ダブルプレーを取ったシーンをご覧下さいませ。今年もGold Glove賞間違いないでしょう。

「081306san_francisco_giants_los_angeles_dodgers.wmv」をダウンロード

見に行けばよかった・・・です。

|

« 空港セキュリティについて | トップページ | Miss Teen USA 2006 »

コメント

こんばんは。
コメント連投です。
自分も新聞で先発予想を見て行きたかったんですが行けませんでした。
しびれる試合だったみたいですね。
行きたかったです。でも延長戦はちょっと最後まで観るのはきつかったかもしれません。
ぜひ次の機会には誘って下さい。
また、一時はあきらめかけていたプレーオフ進出も現実味を帯びてきましたね。チケットは普通に買えるんでしょうか?
あと、質問なんですが、マダックスと斎藤のTシャツってもう売っているんでしょうか?

投稿: Ryoのパパ | 2006年8月13日 (日) 21時31分

Ryoのパパさん、
Maddux選手に関するコメント頂けて光栄です。これからも連投お待ちしています。
さて、チケットは買えると思います。前回8/8に見に行ったときは、試合直前に球場のチケットBOXで購入しました。その試合は50210人の入場者でしたが、まだまだ空席がありました。
本日は休日で55699人でした。Maddux選手が登板する試合はやはり入場者が多いようです。
試合時間に関してですが、本日は投手戦だったため10回ですが2:27だったようです。昨日・一昨日は3:00近く掛かってました。Maddux選手は今日のように多くても8回、平均して6~7回でしょうから、ご家族で観戦されても長時間居なくても良いメリットもあります。
Tシャツに関しては、スタジアム売店もSanta Anita Mallのジャージ専門店でもまだ見かけませんでした。が、DodgersのHPでTシャツ、ジャージともカスタム出来ます。http://shop.mlb.com/product/index.jsp?productId=1194686&cp=1452355.1452791.2455382&parentPage=family
http://shop.mlb.com/family/index.jsp?categoryId=1665479&cp=1452355.1452791.1452789
僕はジャージ購入する予定でおそらく送料掛からないと思うので、よろしければ共同購入しませんか?

投稿: パサデナ人 | 2006年8月13日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/11429568

この記事へのトラックバック一覧です: The Professor:

« 空港セキュリティについて | トップページ | Miss Teen USA 2006 »