« Toronto | トップページ | Andy Roddick vs Pong »

2006年8月25日 (金)

Border Line

僕はJ-1 Visaで留学しているのですが、Visaはまだ有効期限内であるのと、有効な滞在期間が記されているDS-2019も持っていて、パスポートには白いI-94がくっ付けられている状態です。しかしながらAutomatic Revalidation Programがあるため、I-94があればカナダ、メキシコなどには30日以内の出国であればVisa無しでも訪問できます。

LAXでのチェックインの際には、デトロイト(DTW)からトロント(YYZ)の区間が国際線になるので、パスポートの確認をされました。でもここではI-94について、ノースウエスト航空の地上職員から聞かれることもなく、回収されませんでした。そしてデトロイトでの乗換え時は、パスポートの掲示もなく何事もなく普通に機内へ搭乗しました。結局I-94は回収されず、もし返したにしてもどこで(LAX? DTW?)でしょうかね・・・。トロント国際空港では、アメリカからの乗客全員がイミグレーションを通過しなければならず、パスポートにカナダ入国のスタンプを押してもらって入国しました。

ナイアガラ川はアメリカとカナダの国境です。ここにRainbow Bridgeが掛かっていて、両国間を車もしくは歩いて行き来することが出来ます。下記写真はカナダ側からアメリカ側を撮影したものです。

Dsc05717a

僕は歩いての国境往復を試みたので、まずカナダ側の建物内に入りました。通行料としてアメリカもしくはカナダドルで50セントを改札のようなゲートに投入してから通過します。アメリカ出国時と同様にカナダも出国時の審査はありません。

Dsc05714a

余談ですが、この橋からの景色が滝を見るのにベストなのではないかと思います。それは、アメリカ滝、カナダ滝、ナイアガラのホテル群が一望できて絵になる風景となるからなのです。

Dsc05773a

さて問題のアメリカ入国ですが、アメリカ側にも建物があり建物内に入ると、いつもの見慣れた入国審査官と指紋採取機、顔写真を取り込むカメラがありました。歩いて橋を渡る人は多くはないので、かなり空いています。

Dsc05774a

Dsc05769a

パスポート、DS-2019を揃えて提出し、どのように審査されるかネタになるな~と思いながら待っていました。聞かれたことは、カナダに行っていた目的は?、どのくらい滞在したのか?、何か物は購入したか?の3点だけ。パスポートをめくりVisaとI-94に目を通しただけで、アメリカ入国スタンプは押されずに終了。ここでもI-94に関しては全く触れられずでした。書類上は入国に全く問題ないので案外簡単に再入国できました。I-94がないと、ここで$6を払って新しいI-94を作成することになるようです。

アメリカ側の観光を終了し、今度はカナダ側に戻ります。この際料金を払うことはなく、一方通行のゲートを通過して出国。やはり出国は素っ気ないものですね。

Dsc05768a

Dsc05724a

行きに通ったカナダ側の建物の、To Canadaと書かれたゲートに入ってカナダの入国審査を受けました。

Dsc05716a

この時はパスポートのみ提出しました。入国審査官に、どのくらいアメリカに行っていたのか? アメリカに住んでいるのだけど・・・と言ったら、そうじゃなくて今回の滞在でと聞かれなおされたので、1日と答えました。何か買ったか?、どこに泊まる予定なのか? と聞かれパスポートの今日トロント空港で押されたカナダ入国のスタンプを見つけた時点で、審査終了。ここでも新たにカナダ入国スタンプを押されることはありませんでした。

印象に残ったと言えるのは、何か買ってきたか?と聞かれたこと。免税店がカナダ側ゲートのすぐ後ろにあることからも、免税枠の監視が主な仕事なのかもしれません。メキシコ国境と違いここから不法入国することはない様に思います。

この日、アメリカ出国(DTW)→カナダ入国(YYZ)→カナダ出国(ナイアガラ)→アメリカ入国(ナイアガラ)→アメリカ出国(ナイアガラ)→カナダ入国(ナイアガラ)とアメリカ・カナダ出入国を同じ日に2回行ったことになります。(生まれて初めて)

Dsc05727a

車で通過する際は、車から降りずに審査出来ると思います。大型バスの場合は、中に審査官が入るか、乗客が降りていた気がします。いずれにしても島国の日本では体験できない陸上での国境通過は良い経験になりました。EU諸国はどうなんでしょうかね??

|

« Toronto | トップページ | Andy Roddick vs Pong »

コメント

ビザホルダーはカナダ、メキシコ(その他周辺国)への観光目的での出国に関してはI94は回収されないよ。なのでDS2019さえ有効であれば、ビザスタンプが切れていても入国には問題ない。でもその事を入国審査官が認識してない時があるからちょっとトラブル時があると聞いた事があるけど。
僕もHビザのビザスタンプをとったらまた行きたいんだけどなぁ。

投稿: ひらっち | 2006年8月27日 (日) 13時49分

ひらっちさん、
僕は全く問題ないケースだったのだけど、一つでも何か欠けていたらどうなるのか試してみたいんだよね。
Automatic Revalidationについて入国審査官が全員知らないって問題だと思うんだけど。教育されてないのかな。

投稿: パサデナ人 | 2006年8月27日 (日) 14時19分

もう10年くらい前に、西海岸をカナダ(バンクーバー側)からアメリカ(シアトル側)に車で国境を越えたことがあるのですが、永住権か市民権を持っているひとは、車から降りないで免許証だけ見せれば、通過できるのですが、それ以外ひと(もちろんその当時はわたしは、ビザさえ持っていなかったので、もちろん)はきちんと車を降りて、事務所で入国審査を受けなければならなかったです。カナダのビザと免許証を持っていた弟も、降りて、アメリカとカナダの入国審査をうけなければならなかったみたいですよ。もう、だいぶ昔の話なので、状況は変わってしまっていると思いますが。でも、最近のニュースで市民権や永住権を持っているひとも、テロ防止のため、免許証だけでなく、パスポートを持参しなければならなくすると、言っていましたが・・・。

投稿: なおこ | 2006年8月27日 (日) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/11629397

この記事へのトラックバック一覧です: Border Line:

« Toronto | トップページ | Andy Roddick vs Pong »