« Space Center | トップページ | Screen door »

2006年7月12日 (水)

Immigration

アメリカと日本の空港における大きな違いは、出入国管理でしょう。

まず初めはご存知と思いますが、日本から海外旅行する際には、日本から出国、日本へ帰国する際には必ずImmigrationで入国審査官の審査を受け、パスポートにスタンプを受けます。アメリカでは、入国する際にはImmigration で審査がありますが、帰国する際にはありません。パスポートに添付された出入国カードも、チェックインの際に航空会社係員によって回収されるのみです。(以前は日本も出入国カードを書いていましたよね、今は日本に入国する外国人のみに課せられています)つまり、アメリカのスタンプは入国の際の1つだけということです。

次に、ターミナルに関してですが、日本では出国審査があるため海外行きのターミナルと国内行きのターミナルが別個にあります。簡単に言うと、海外旅行者と国内旅行者は空港ターミナルが一緒になるということはありえません。ところが、アメリカでは上記の理由からそれが実現します。

ロサンゼルス国際空港(LAX)を例にあげると、LAXは航空会社毎にターミナルが分かれています。Northwest航空は第2ターミナルになりますが、アメリカ国内行きの出発ゲートも、日本行きの出発ゲートも同じサテライトにあります。搭乗ゲート23はDetroit行き、隣の24では成田行きという風に。免税店も同じターミナル内にあるのですが、残念ながら国際線の搭乗券を持った人にのみに販売されます。国内線の場合、搭乗券を係員のいるチェックイン機に通すだけですが、国際線の場合ここで係員による搭乗券とパスポートの簡単な照合があります。

ただし、アメリカ系航空会社の以外で国際線利用場合は、LAXのTom Bradley International Terminalやサンフランシスコ国際空港(SFO)などにもInternational Terminalがありますので全てではないようです。ヒューストン・ブッシュ国際空港(IAH)もInternational Terminalがありますが、チェックインのみでターミナル内は全てつながっているというところもあります。

アメリカという国、“来る者は厳しく去るものには甘い”ということですね。

|

« Space Center | トップページ | Screen door »

コメント

あんまり意識したことなかったけど
国によって違うんだよね。

この間フランス行った時は、
入国カードを受け取っただけで
パスポートにスタンプはなかった・・・。

ということでパスポートには私が
フランスに行った形跡がないのです。

投稿: 小久保幸代 | 2006年7月14日 (金) 01時52分

かなり前にアメリカに行った時に、私も「アメリカは去る者には興味が無いのかな?」と思いました。

私が使用するベルギー、オーストリア、ドイツでは、出入国のスタンプが入国と出国どちらも押されていますが、同じくEUの他の国では押さない所もあるようです。

投稿: ashlee★ | 2006年7月14日 (金) 06時09分

小久保幸代さん、
情報有難うございます。Franceはスタンプ押さないのかもしれないですね。僕はまだヨーロッパにはまだ足を踏み入れた事が無いのです。アメリカから航空券代が安いので、帰国前に修行に言ってきます。

ashlee★さん、
書き込み有難うございました。EU諸国の対応はそれぞれ異なるのですね、参考になりました。共通なのは今のところ紙幣だけなのでしょうかね?

投稿: パサデナ人 | 2006年7月14日 (金) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/10930689

この記事へのトラックバック一覧です: Immigration:

« Space Center | トップページ | Screen door »