« 出来事 | トップページ | Pacific Life Open »

2006年3月23日 (木)

vs Korea

WBCで日本が優勝した今だから公開できる、2次リーグでの韓国に惜敗した試合の写真を載せます。

DSC02282a

会場はAngels Stadiumで、予想以上に会場は埋まっていておそらく満員に近いくらいの入場者数でした。ただ、入場し席についてみるとびっくり、周りはほとんどが韓国の応援なのです。日本はというと、パラパラいる程度で会場全体に韓国の大応援団が占めていました。おそらく95:5くらいの割合だと思います。(おそらくコリアンタウンはガラガラなはず・・・)応援も統率が取れているし、あの結束力には脱帽するしかありません。アメリカでの試合とはいえ、まるでアウェーの様相でした。

DSC02283a

サッカーの試合会場にいるかのような”テーハ ミングゥ(大韓民国)!!”の大合唱。どこからともなくコールが始まります。僕らも負けじと”ニッポン!!”と大声で応援しますが、敵いません・・・。そして、発言で物議をかもし出したICHIROのバッティング時には大ブーイング。あの中で試合を頑張っていた日本代表に拍手を送りましょう。もう少し、日本の応援も結束しなければいかん。と正直思いました。

試合後、球場外へ出る途中にあったテレビモニターには、インタビュールームで待っていた王監督の悲痛な表情が映し出されていました。あの表情は今でも忘れられません。あの悔しさがあったから、その後のメキシコの勝利による決勝トーナメント進出の幸運もあって、どん底から這い上がってきたのだと思います。

DSC02292a

DSC02305a

最後の写真は、9回裏日本の最後の攻撃でバッター多村選手、2outランナーなし、2ストライク1ボール、 三振に討ち取られて敗戦する直前の貴重な写真です。

DSC02316a

ICHIRO選手、この試合に負けた瞬間にベンチでフィールドを背にしてF○○Kと絶叫したそうです。僕ら以上に悔しさを感じていたのは、この大会に真剣に参加していた選手であることはもちろんですが、その中でもICHIRO選手が一番だったのでしょう。ふだんあれ程感情を表さない選手ですから・・・。

|

« 出来事 | トップページ | Pacific Life Open »

コメント

お疲れ様でした。まあ、運も良く「勝つべきチームが勝った」という結末でしたね。
「よっしゃー!」
メキシコありがとう!

でも、なんで、そんなに一杯の韓国人が会場に来れたのでしょう?
皆、お金に糸目をつけず、eBayとかダフ屋から買ったのですかね? すごい愛国心! 日本も見習いましょう。

WBCのこともあって、最近、愛国心についてよく考えました。やはり、(あえて言うと)「外敵」がいると愛国心盛り上がりますね。日本もドイツも世界大戦の前に不平等な条約を突きつけられて、あっち方向に行っちゃったし、、、 特定アジア諸国にはその辺のことを学んでいただいて、そっとしておいてほしいものです。
特にスポーツでは、政治を抜きにしておいてほしいですね。代理戦争の気持ちは分かりますが、、、

投稿: WHITEJACK | 2006年3月24日 (金) 07時24分

WHITEJACKさん、
いつも書き込みありがとうございます。
正直、日本vs韓国ですからガラガラだと思いました。実際、スタジアム周辺は駐車する車の列で大渋滞、そのほとんどが韓国の方だった様に思います。
僕は、見に行かなかった韓国vsメキシコ、韓国vsアメリカ戦をebayでオークションしてみたのですが、落札がありませんでした。。。
入り口周辺に人だかりが絶えませんでしたから、当日券で買った人が多かったのではないかと思います。

投稿: パサデナ人 | 2006年3月24日 (金) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/9235468

この記事へのトラックバック一覧です: vs Korea:

» 競馬予想 [競馬予想サイト-WTS-]
ここ最近は、WBCにはまってしまっていた方も多いと思います。私もその一人です。 第1回大会で優勝してしまうということは改めてすごいことだと思いますし、試合後のイチローのインタビューを見ていたら不覚にも目頭が熱くなってしまいました。 そんなこんなで、ついに日曜日には高高松宮記念(GI)が開催されます。当サイトでも自信の予想を公開していますので、是�... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 18時29分

« 出来事 | トップページ | Pacific Life Open »