« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月29日 (水)

Pacific Life Open

3/6~19までPalm Springのお隣りの町、Indian Wells, Californiaでテニスのビッグトーナメントが開催されてました。このPacific Life Openは、4大大会(全豪、全仏、ウインブルドン、全米)に次ぐ大きな大会で、男女ともランキング上位選手が大勢出場します。男子ランキング1位のRoger Federer選手、2位のRafael Nadal選手、女子では、Maria Sharapova選手、復活したばかりのMartina Hingis選手も参加する大会なんです。日本では到底一度に観れない選手たちです。

Dsc01960a

日本からは女性のみでしたが、6選手が参加していました。シングルスでは杉山愛選手がBest16、中村藍子選手が3回戦まで勝ち上がり、ダブルスでは藤原里華選手がBest8まで勝ち上がり、大活躍してました。写真は藤原里華選手です。

Dsc02402a

知り合いの方に頂いたチケットで、センターコートで行われたアメリカのホープ、Andy Rodick選手の試合を目の前で観戦。スピードを体感できたのはもちろん、選手の息遣いまで良く分かりました。Andyのような超一流選手でも、試合中は息を切らすし、サービスをブレークしたときは本気で喜ぶし、時には不安な表情をもします。またコーチや家族をポイント毎に見て、アイコンタクトを取っていたのには驚きました。

Dsc02217a

相手は明らかに格下のランキング33位のVerdasco選手だったのですが、僕らからすると絶対にAndyが勝つ試合だと思いますよね。ところが選手のあの表情、プレー内容を見ると、超一流選手でもかなり試合を本気でしているのが感じられました。油断すると負けるのが納得できる気がします。いつでも強くなければいけないのはとても大変なことだとですよね。

Dsc02227a

珍しく寒かった3月中旬でしたが、昼間は太陽が顔を出していたためかなり日焼けをしてしまった・・・。でも良いプレーを目の前で見ると、テニスの楽しさ、面白さを再認識出来ました!!

Dsc02231a

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

vs Korea

WBCで日本が優勝した今だから公開できる、2次リーグでの韓国に惜敗した試合の写真を載せます。

DSC02282a

会場はAngels Stadiumで、予想以上に会場は埋まっていておそらく満員に近いくらいの入場者数でした。ただ、入場し席についてみるとびっくり、周りはほとんどが韓国の応援なのです。日本はというと、パラパラいる程度で会場全体に韓国の大応援団が占めていました。おそらく95:5くらいの割合だと思います。(おそらくコリアンタウンはガラガラなはず・・・)応援も統率が取れているし、あの結束力には脱帽するしかありません。アメリカでの試合とはいえ、まるでアウェーの様相でした。

DSC02283a

サッカーの試合会場にいるかのような”テーハ ミングゥ(大韓民国)!!”の大合唱。どこからともなくコールが始まります。僕らも負けじと”ニッポン!!”と大声で応援しますが、敵いません・・・。そして、発言で物議をかもし出したICHIROのバッティング時には大ブーイング。あの中で試合を頑張っていた日本代表に拍手を送りましょう。もう少し、日本の応援も結束しなければいかん。と正直思いました。

試合後、球場外へ出る途中にあったテレビモニターには、インタビュールームで待っていた王監督の悲痛な表情が映し出されていました。あの表情は今でも忘れられません。あの悔しさがあったから、その後のメキシコの勝利による決勝トーナメント進出の幸運もあって、どん底から這い上がってきたのだと思います。

DSC02292a

DSC02305a

最後の写真は、9回裏日本の最後の攻撃でバッター多村選手、2outランナーなし、2ストライク1ボール、 三振に討ち取られて敗戦する直前の貴重な写真です。

DSC02316a

ICHIRO選手、この試合に負けた瞬間にベンチでフィールドを背にしてF○○Kと絶叫したそうです。僕ら以上に悔しさを感じていたのは、この大会に真剣に参加していた選手であることはもちろんですが、その中でもICHIRO選手が一番だったのでしょう。ふだんあれ程感情を表さない選手ですから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月22日 (水)

出来事

気が付いたら2週間以上も記事が更新されていませんでした。楽しみにされている皆様申し訳ありません。無事に生きていましたが、仕事が忙しく更新もままならず・・・。というわけでこの間の大きな出来事を列挙します。

  • Pacific Life Openのテニス観戦 (日本人選手の応援 )
  • ASCOへ応募した学会演題の採用通知が来た
  • WBC 2次リーグ 日本vs韓国戦の観戦
  • しゅうさん・kazukoさん夫妻、tanzさんFalimyのFarwell Party
  • しゅうさん・kazukoさん夫妻とのLast Golf

詳細は後日更新していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

WBC

World Baseball Classic (WBC)が開幕です。

実は、日本代表が1次リーグをトップで勝ち抜いてきてくれると予想し、先月に2次リーグの試合のチケットを購入済み。2次リーグを3試合見れる通し券を購入していたので、デーゲームかナイターのどちらかのsetから選ばなくてはならず、日本代表の試合が多く見れると予想したナイター3試合を予約(最悪2位通過でも1試合は見れる予定なので、保険代わりにこちらを選択)。デーゲームsetだと2位通過すると日本代表の試合が最大で2試合しか見れず、もし1位通過すると1試合も見れなくなります。

初戦は中国に快勝、2戦目も台湾にコールド勝ちで、この時点で2次リーグ進出は決定しました。しかし、韓国との決戦を残し、勝利しなければ1次リーグトップ通過はありません。

しかし、結果は2-3の逆転負け・・・。ありえない・・・。Ichiroもいるスター集団なのに。

さて、困ったのはチケット。一応、3Tで話し合って、最悪日本が2位通過でも見れるナイターsetを購入していたので、何とか1試合は日本代表の試合を見ることが出来ますが、3試合全部を応援する予定はなくなりました・・・。韓国vsアメリカandカナダ(コレも予想)、韓国vs日本の試合を見に行くことになりそうです。日本代表にもう少し頑張って欲しかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

PCD

お気に入りのRadio局はFM 102.7のKIIS FM(キッスFM)です。KissではなくKiisです、間違いではありません。

このRadio局は、LAで流行している曲を沢山流してくれるのですが、1日に同じ曲が何度も流れている気がします。30分前に聞いたぞ~、ということも多々あります。

PCDを知っていますか? 女性だけの5人グループで、結構良く掛かります。PCDは略で正式にはThe Pussycat Dollsです。くれぐれも始めの言葉を途中で切らないでください、Slangで大変な意味になります。しかしPussycatで調べてみると、子猫ちゃん、かわいい女性、を指すみたいですよ。僕はこの単語を知らなかったので勉強になりました。

有名なのは、Don't Cha Stickwitu なのですが、僕のお気に入りはBeep です。なんとBlack Eyed PeasのWill. I AmがFeaturingしてます(確か)。1:38位でメロディトーンが変わるところが良いんですよ。裏声のようなSexy Voiceが魅力的、かなりマニアックですが・・・。

無料で見れるビデオクリップを見つけたので暇なときにでも聞いてみてください。上記に紹介した2曲も聴くことが出来ます。彼女達の踊りにも注目です。自分の中での変化をひとつ、金髪女性もきれいな人が多いですが、Nicole(ボーカルの女性)のような、エスニックな顔立ちに黒髪の女性の方が魅力的だなぁ・・・と思う、今日この頃です。

MP3.com: http://www.mp3.com/media_player/3806/4/viewer.php&rgroup=7758

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »