« Valentine | トップページ | Tequila Shot! »

2006年2月16日 (木)

トイレットペーパー

トイレに必ずあるもの、それはトイレットペーパーです。英語ではBath Tissueと言います。日本語よりカッコいいです。きれいな感じがしますよね。そこで、普段から気になっていた日常生活でのちょっとした疑問があります。

アメリカのトイレットペーパーは日本と違いロールの置き方が逆じゃぁありませんか??

つまり、日本では紙がロールの上から紙が下りてくるようにセッティングされているのが普通ですが、アメリカではなぜかその逆で、ロールが180度ひっくり返った状態で、紙はだらしなく奥から下に垂れてます。な、なぜ??

誰か僕の疑問を解決してください!!

|

« Valentine | トップページ | Tequila Shot! »

コメント

アメリカのトイレットペーパーの向き・・・私も注目しているのです!ちょっと感じていることですが、USCだけ逆ってことないですか・・・・。お店などでは日本と同じ向きのところが多いような。もしかしてホルダーの上についてるカバーのようなあれ(何のことかわかりますか?ペーパーを切るときとかに利用する・・)がついてないからでしょうか?
それから、日本のものと比べて1っこのロールの長さが短い!ぴちっと巻いてない、ぶわぶわしてる、というのも私のイメージですが・・・。

投稿: kyoko | 2006年2月17日 (金) 09時12分

トイレットペーパーの向きは私も気がついていました。
うちの会社も日本と逆です。なんでだろう。

ちなみにアメリカに来たとき思ったのは、トイレットペーパーとかティッシュが、物価と比較して高いということ。他のものは日本と比較して驚くほど安いのに、紙類はほぼ同価格。これもなんでだろう。

投稿: おとん | 2006年2月17日 (金) 09時30分

私がスクールで、ラジオの相談室をしていたあるアメリカ人女性の話がテーマのテキストで、「その相談は、離婚問題から、何故靴下は片方なくなるのか、トイレットペーパーは壁側と手前側どっち巻きがいいか。。という些細な質問までさまざまでした」という文面があって、その後教室内で話題になりましたが、意見は人ぞれぞれでした。アメリカ人も検討中なのか?

投稿: おかん | 2006年2月17日 (金) 10時51分

kyokoさん、おとん・おかんさん、
たかがトイレットペーパーですが、謎が多いですよね。引き続き問題解決に向けて頑張りましょう!

投稿: パサデナ人 | 2006年2月19日 (日) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/8705132

この記事へのトラックバック一覧です: トイレットペーパー:

« Valentine | トップページ | Tequila Shot! »