« 氷上の格闘 | トップページ | 気候 »

2005年12月10日 (土)

ナマTiger

見ました、Tiger Woodsをこの目で、しかも目の前で(1m以内)!!

男子プロゴルフのPGA Tourは終了していますが、TigerがHostを務めるチャリティーゲームであるTarget World ChallengeがThousand OaksにあるSherwood Country Clubで開催されています。限られたTopプロの16名だけが参加しているこの大会を観戦してきました。

ゴルフのトーナメントを観戦するのもプロの打つ球を見るのも初めてで、がんばって早朝から出発しラウンド前に行われるDriving rangeでの練習をすぐ間近で見ることに成功。Topプロのスイングの正確さ、スイングスピードの速さ、打たれたボールの軌跡の高さのどれもすべてがハイレベルであり驚きでした。もちろんプロであるので当たり前なのですが、その中でもTigerはひと際目立つ存在でした。ドライバーの飛距離は300yを超えるし、難しいロングアイアンもありえないくらいの高弾道で伸びのあるボールを打ちます。しかも、体の軸が全くぶれずゆったり振っているように見えて実は相当早いスイングスピード、クラブがボールに当たる瞬間の衝撃音は、今まで体験したことの無いものでした。

KIF_3473a

一種のチャリティートーナメントなので、プロ達も比較的relaxしてラウンドしていたように思いますが、やはり圧巻はTiger。Tigerの巧さの秘訣は、ボールを遠くに飛ばすPower、確実にヒットする技術ももちろんですが、例えミスショットしても次のショットで見せるリカバリーが度肝を抜かれる素晴らしさでした。下の写真は18番Holeグリーン奥からで、グリーンへ向けて打つ第2打を見れた絶好のポイントです。

KIF_3488a

今日のゴルフ場での写真は全てt○○○さんからの提供です。こっそりと撮影したものなので、くれぐれも内密にお願いします。New Zealand出身のMichael Campbell選手はとても人柄が良くやさしい雰囲気で、試合後のサイン攻めにも笑顔で冗談を言いながら対応していました。実力だけでなく、人柄をも備えたCampbell選手に感心しました。

KIF_3498a

本日の収穫は数名のプロからAutographをもらえた事。なんと今年のUS Open ChampionのMichael Campbell選手、マスターズでTigerとのプレーオフの末惜しくも敗れたChris Dimarco選手、全英オープン3位タイでアメリカ人に大人気のFred Couples選手から 運良くゲットすることが出来ました!!

DSC01305a

(Autographは上からDiMarco選手、Couples選手、Campbell選手)

|

« 氷上の格闘 | トップページ | 気候 »

コメント

いやー、大興奮の一日でしたね。トラブルショットのとき、Tigerを間近で見られたのはラッキーでした。すっごい怖い顔してたけど...。あと最後にMichael Campbellのサインをゲットできて嬉しかったです!疲れてるのに嫌な顔一つせずサインに応じていた人柄に接して、ますます彼のファンになりました!でもパサ君の抜け目のなさに脱帽...。ちゃっかり3人もの選手からサインをゲットしていたなんて...。

投稿: t○○○ | 2005年12月11日 (日) 06時17分

その日晩、ABCでトーナメントのダイジェストを放映していたんですが、No2 Holeのトラブルショット放映されてました。おそらくTigerの後ろのギャラリーの中に僕の顔がありました・・・。

投稿: パサデナ人 | 2005年12月11日 (日) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/7570823

この記事へのトラックバック一覧です: ナマTiger:

« 氷上の格闘 | トップページ | 気候 »