« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月25日 (日)

クリスマス装飾

12/25はみなさんご存知のクリスマスです。アメリカでは、自分の家の壁や庭を使ってクリスマス気分を盛り上げている家庭が多いです。

帰り道を変えたり普段通らない道を通ったりして、たくさんの家の装飾を見ましたが、僕の独断と偏見ではこの家が一番でした。もちろん、有名人の家や、大金持ちの家は除きますが・・・。

DSC01507a

Santaさんがトナカイのそりに乗っているし、SnowmanもDomeに入っています。明かりは単色なのですがとてもきれいなイルミネーションで統一感があり印象的でした。

ちなみに場所はAlhambraとSouth Pasadenaの近辺です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

USC Campus

同僚であるtoshiさんが一足早く日本に年末年始に帰国しました。空港で見送りした後、まだ朝9時前だったので、天気も良いし、カメラも持ってきたことだしUSCのキャンパスでもゆっくり散歩しようと思い立ちました。

今日はクリスマスイブ、土曜日という事もあり構内はほとんど人がいませんでした。USCには主に2つのCampusがあって、一つはUniversity Park Campus(UPC)といわれ、Downtown LAのSouth Centralにあり、ほとんどの学部があるメインキャンパスです。もう一つは僕が勤務している、Health Science Campus(HSC)で主に病院と、医学部、薬学部および医学研究施設があります。

普段と違い人が全くいないので、陽気も手伝いキャンパス構内をゆっくり1時間半くらい散歩しがてら、代表的な赤レンガの建物やキャンパス内ののどかな雰囲気の写真を撮りまくりました。もちろん有名なTrojan像も今日はお役御免のようでした。

DSC01382a

Footballの練習場もこっそり撮影しました。グラウンドの周りは柵で囲われているので普段は全く中が見えません。今日は誰もいないかったので、スライド式ドアの隙間から狙ってみたのですが、これがなかなか良い出来だったので掲載します。

DSC01361a

実は昨日の午前中にもUPCのBookstoreに買い物に行ったのですが、その時はTrojansが練習していてグラウンドからの声が聞こえたのと、関係者入り口が開閉される時に少し中の練習風景が見える程度でした。本日撮ったポイントはその時に見つけた隙間で、昨日もそこからは中が良く見えました。ダメもとで練習を見せてくれないかと頼んだのですが、あっさり ”It's closed practice.” と言われあえなく断念・・・。残念ながらMatt LeinartもReggie Bushも確認できませんでしたが、本日のSportsNewsではそのグラウンドでしっかり映っていたので、おそらく昨日もそこに居たのだと思うと何だかとても幸せな気分に・・・。

そしてHSCに移動してしたのですが、道路も空いていたので車で10分ほどの移動で到着しました。ここでも撮影しながらの散歩をしましたが、やはり人の気配がありません。HSCはCampus自体の歴史がUPCに比べると新しいので、建物が近代的であるのと同時に建物が密集しているので広々とした感じはありません。同じ日に散歩をしてみて、二つのキャンパスの雰囲気の違いを改めて実感しました。

DSC01474a

最後にNorris Cancer Center入り口にある印象的な言葉書きを見つけました。建物の名前にもなっているDr.Kenneth Norris Jr.のこの言葉は、医学研究、しかも癌研究に携わる僕にとって、短いながら大きく心に沁みた言葉でした。

DSC01491a

今までなかなか時間がなくてCampus巡りもゆっくり出来ていなかったので、今日の散歩は大満足。気がついてみると撮った写真は何と150枚でした!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

30歳

先日の12/21は僕の誕生日で30歳になりました。

まずはここまで無事に育ててくれた両親に感謝です。留学という冒険を快く応援してくれた事もあり、ここまでアメリカ生活も順調にきました。立派に大人になっているつもりですが、まだまだ両親の人間性の素晴らしさに自分が近づけているとは思いません。

また、アメリカでも信頼できる友人たちに恵まれた事にも感謝したいと思います。研究室でもケーキによるお祝いをしてくれたり、友人数人でささやかなパーティーもして貰いました。12/21は通常冬休みのシーズンですから、自分の誕生日を大勢の人に祝ってもらうのはとても久しぶりで少し懐かしい感じであったのと、ちょっぴり恥ずかしい感じが混在していたのが正直な感想です。

アメリカに来て時間的な余裕も出来たせいか、冷静に今を見つめている気がします。何が自分の人生にとって大切なものか、これからどうするか。すぐに答えのでる問題ではないけれど、自分を見失わないようにしっかりと目的を持って生きて行きたいと思います。

まずは、アメリカ滞在において何事にも挑戦する心を忘れないようにしようと再確認しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

Car Registration2

10/25の記事でCar Registrarionについて書きました。本日は、その後の経過についてお話しします。

すでに従兄弟がRegistration FeeをOnline SiteからCredit Cardを用いて期限切れ前に払っていたはずなのですが、いつまで経ってもステッカーとRegistration Cardが届かないので、DMVに行ってみる事にしました。アメリカのDMVに行く際は必ず前もってAppointmentを取って行った方が良くて、明らかに待ち時間が半分以下に短縮されます。今回僕は15分待ちましたが、No Appointmentであった場合は35分との表記がありました。Appointmentの取り方は、電話でもOKですし、Internetのサイトからでも簡単にどこのDMVでも予約できます。

更新の際に必要なものは、指定された額のRegistration Feeと場合によってはSmog Checkが必要だったはずです。それがどうも更新のシステムが変更になったらしく、これらに加えて有効なInsurance Card の提示が必要になりました。僕の場合も何が足りなかったかというと、このInsurance Cardでした・・・。

Insurance Cardを見せてその場ですぐに仮のRegistration Cardを発行してもらい、更に新しい2006年まで有効の赤いステッカーを貰いました。えっ~これだけという感じで、こんなに簡単な事だったなんて・・・、それまでの日々つかまるかどうか不安一杯だった、あの気持ちは何だったのでしょうか??

つまり、更新の際に必要なものが増えた事になりますので気を付けてください。おそらく、郵送でも、AAAに行っても、DMVに行っても大丈夫なはずです。Onlineで払える事が便利なのは、Credit Cardで支払える唯一の手段であることと、支払いが遅れる事を避ける事ができそうなことです。

ちなみに交付されたステッカーに通し番号が打ってありますが、それは仮交付されたRegistration Cardに記載されています。ということは、ステッカーを他の車から盗むと厄介な事になるということでしょうね?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

Clean Air Vehicle

CarpoolアメリカのFreewayは渋滞さえなければ便利ですよね。LAはFreewayが縦横無尽に走っていますので、空いていれば移動がかなりスムースになります。またCarpoolという特有な制度があります。

ダイヤモンドマークのマークで1度は目にした事があるのではないでしょうか?

ご存知の通りCarpool制度は日本には存在しません。Carpoolとは運転者を含めた車内の人数が二人以上である乗り物を指していて、普通自動車に限らず、バスやVanなどの乗り物も含みます。渋滞であっても通常一番左のCarpool Laneだけは空いている事が多く、時間をかなり節約できる事があります。省エネな訳ですから、環境保全の意味合いでの優遇処置でしょう。

Californiaには、Clean Air Vehicleに対しての優遇制度があります。今のところHybridと言われる動力源がガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせの自動車のみが、例え一人の乗車であってもCarpool Laneを走る事が出来ます。

DSC01272a

現在、Hybridとして認められているのが、Toyota Prius、Honda Civic HybridとHonda Insightだけです。お分かりの通りすべて日本車ですね。世界に先駆けての仕事ですからこれは誇りに出来ます、さすがは日本企業!!

DSC01271a

写真は研究室のToddのToyota Priusで、こっそり撮影してきました。写真のように車の前後左右にステッカーを貼り付けます。僕も日本に帰国した際にはPriusにしようかな、なにせLeonard DicaprioもビバリーヒルズのセレブたちもこぞってPriusに乗ってますから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

McCormick & Schmick's

アメリカで美味しいSeafoodを食べさせてくれる事で有名なRestaurantだよと、日本を発つ前に知り合いから教えてもらったのがMcCormick & Schmick'sでした。いつかは行きたいなと思っていたところ、思いがけなく研究室のクリスマスパーティで行ける事に!! Downtown LAにあるこのお店は、内装も落ち着いており美味しい物が出てきそうだと予想できました。

今日は研究室でお世話になっているCo-Workerを紹介します。左の女性がJanine、右がかなり珍しいスーツ姿のCraigです。楽しそうに絡んでいるところをパシャリとしてもらいました。

DSC01313a

総勢50人はいるんじゃないかというぐらいの大所帯だったので、当日はPrefixedメニュー。僕は、Oyster、トマトとモッツアレラサラダ、メインにロブスターを注文しました。サラダはバスサミコ酢とモッツアレラがとても美味しかったですが、辛口の評価ですが感動するほどの印象は得られず・・・。

正直ロブスターもどうかな?と思っていたのですが、これがまず見てビックリの大きさでした。以前ロブスターを食べた際に、とても泥臭さを感じた事があったので苦手になりそうな一歩手前の状態だった訳でして、おそるおそる大きな爪を割って中から取り出して、一口食べました。

DSC01316a

”ああ、これ美味しいねぇ・・・”

わずかな塩味の味付けですが、これがまた肉の旨さを引き立ててました。すごい新鮮なのでしょうね。繊細な伊勢海老とは味が違いますが、ロブスターもなかなかのものでした。ただロブスターの上にあるソースは、バター1000%という感じでイマイチ。Response Genetics万歳! ご馳走さまですっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

Rose Parade

rosebowl

さて、本日はPasadenaの町並みの変化について書きます。所用で朝からBank of America、クリーニング屋、USPS(United States Postal Service)に行ってから出勤したのですが、Colorado Blvd.を通ってみるとNew Year's Dayに行われる恒例のRose Paradeの準備でいつもと景色が異なりました。

以前から街のあちこちでRose Parade Parkingと書かれた案内の看板は目にしていました。が、しかし本日は看板どころではありません。S.Lake Ave.から少し東に行くとPasadena City College(PCC)のキャンパスがあり、車からでもよく見える広々とした敷地に整備された芝生が張り巡らされ、その奥にLibraryが見えます。いかにも大学キャンパスといった絵になる風景で、気に入っている風景の一つなのですが、本日はどうも殺伐としていました。

Rose Paradeまであと2週間以上もあるにもかかわらず、その芝生にすでにParade観賞のための金属パイプで骨組みされたスタンドが作られていたのです!! しかも一つだけでなく幾つもあり芝生のエリアは完全に閉ざされてしまってました。更には道路の反対側にあるハンバーガー屋であるCarl's Jr.の駐車場までも、Colorado Blvd.に面した入り口を完全に封鎖して、同様のスタンドが作られていました・・・。唖然、呆然。

Rose ParadeもRose Bowlも全米中継される大きな行事ですから、Pasadena市もここぞとばかりにアピールに必死なんでしょうね。あちこちの電柱に大きなRoseマークが掲げられています。今年は1/1が日曜日のため、例年と異なり1/2に開催されますので気を付けてくださいね。

paraderoute

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

Abercrombie & Fitch

アメリカ発のカジュアルブランドで現在流行ってるものといえば、Abercrombie & Fitch (通称:アバクロ)があげられると思います。他にも同様なカジュアルブランドとしてHollisterやAmerican Eagle Outfittersがありますが、やはりアバクロが一番でしょう。

アバクロは、アメリカに来てからすぐに同世代の従兄弟にFarmers Market内の店に連れて行ってもらったり、研究室の同僚たちが着ているので知ってはいましたが、今まで購入した事はありませんでした。というより洋服は日本から厳選して着るものだけを持ってきていたので、アメリカに来てからほとんど購入してなかったという訳なんですが。。一方で同僚のryuさんは、急遽アメリカに留学する事になったため荷物もままならずLA入りし、出迎えたDさん夫妻と僕とともにLAに着いた当日にすぐアバクロに連れていってもらったために、それ以来虜になって現在はアバクロ族なるものを作り出しています。

いつものSanta Anita Mallで研究室のクリスマスパーティー用のGiftを探している時に、ふとアバクロに入ってしまいました。もちろんいつものToshiさんとryuさんと一緒です。Clearance Saleのなかに気に入った物があり、値段も安かったので買おうかどうか迷っていました。ついにアバクロ族の仲間入りか・・・、それよりもryuさんとモロにかぶるしなぁ・・・。結局、ryuさん、toshiさんの”似合ってるよ、しかもサイズも・・・。”の一声で背中を押してもらい購入しました!

DSC01308a

レジを通すと、タグについていた値段から更に安くなっていたので、結局50%以上も定価よりも割引されてました。ラッキー!! でもしっかりとタグに値段書いて欲しいですよねぇ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年12月12日 (月)

気候

日曜日のアメフトの結果をスポーツニュースで見たときに改めて感じた事があります。

僕は日曜日の午前中はテニスをしましたが、陽射しが強かったので途中からTシャツになりました。もう12月半ばになろうというのに、LAは日中はまだ半袖で居ることが可能なくらいな陽気です。ただ、夏と違うのは朝晩の冷え込みが厳しくなり、1日のなかで温度差がかなりあるということです。

NFLのアメフトの試合は日曜日に全米各地で行われていて、それぞれの本拠地によって屋外にあったり、ドームであったりします。なぜか寒い地域にあるチームに限って屋外であることが多い気がします。Pittsburgh Steelers対Chicago Bearsの試合はPittsburghで行われていましたが、なんと画面には雪がちらついているではありませんか!! 選手たちの吐く息はすでに白く、相当寒そうな中で試合をしていました・・・。というか前さえも良く見えないんじゃないかと思う環境ですよ、さすがはプロとしか言いようがありません、脱帽です。

Snowgame

一方で、San Diego Chargers対Miami Dolphinsは西海岸のSan Diegoで行われていましたから、ここLAと同じで強い陽射しの中での試合でした。

Sunnygame

アメリカは東西南北に広大なんだと実感しましたね。東海岸はすでに最低気温がマイナスになっていると聞きます。西海岸はいまだポカポカ陽気。気候ではやはり西海岸は最高です、LAで運がよかったと思います。それにしても同じ日の試合だとは思えないですよね・・・。こんな過酷な環境で試合するのはNFLのアメフトぐらいだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

ナマTiger

見ました、Tiger Woodsをこの目で、しかも目の前で(1m以内)!!

男子プロゴルフのPGA Tourは終了していますが、TigerがHostを務めるチャリティーゲームであるTarget World ChallengeがThousand OaksにあるSherwood Country Clubで開催されています。限られたTopプロの16名だけが参加しているこの大会を観戦してきました。

ゴルフのトーナメントを観戦するのもプロの打つ球を見るのも初めてで、がんばって早朝から出発しラウンド前に行われるDriving rangeでの練習をすぐ間近で見ることに成功。Topプロのスイングの正確さ、スイングスピードの速さ、打たれたボールの軌跡の高さのどれもすべてがハイレベルであり驚きでした。もちろんプロであるので当たり前なのですが、その中でもTigerはひと際目立つ存在でした。ドライバーの飛距離は300yを超えるし、難しいロングアイアンもありえないくらいの高弾道で伸びのあるボールを打ちます。しかも、体の軸が全くぶれずゆったり振っているように見えて実は相当早いスイングスピード、クラブがボールに当たる瞬間の衝撃音は、今まで体験したことの無いものでした。

KIF_3473a

一種のチャリティートーナメントなので、プロ達も比較的relaxしてラウンドしていたように思いますが、やはり圧巻はTiger。Tigerの巧さの秘訣は、ボールを遠くに飛ばすPower、確実にヒットする技術ももちろんですが、例えミスショットしても次のショットで見せるリカバリーが度肝を抜かれる素晴らしさでした。下の写真は18番Holeグリーン奥からで、グリーンへ向けて打つ第2打を見れた絶好のポイントです。

KIF_3488a

今日のゴルフ場での写真は全てt○○○さんからの提供です。こっそりと撮影したものなので、くれぐれも内密にお願いします。New Zealand出身のMichael Campbell選手はとても人柄が良くやさしい雰囲気で、試合後のサイン攻めにも笑顔で冗談を言いながら対応していました。実力だけでなく、人柄をも備えたCampbell選手に感心しました。

KIF_3498a

本日の収穫は数名のプロからAutographをもらえた事。なんと今年のUS Open ChampionのMichael Campbell選手、マスターズでTigerとのプレーオフの末惜しくも敗れたChris Dimarco選手、全英オープン3位タイでアメリカ人に大人気のFred Couples選手から 運良くゲットすることが出来ました!!

DSC01305a

(Autographは上からDiMarco選手、Couples選手、Campbell選手)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

氷上の格闘

4大プロスポーツがアメリカにはあります。アメリカンフットボールはNFL、野球はMLB、バスケットボールはNBA、そして僕が唯一観戦していなかったスポーツがアイスホッケーのNHLです。

LA KingsとCarolina Harricanesの試合を観戦してきました。Lakersの時と同じ、LAのダウンタウンにあるStaples Centerでの試合でしたがそこにはバスケットボールコートは無く、アイスリンクが張られていました。アイスホッケーの試合なので当たり前なのですが、その様変わりにはとても不思議な感じがしました。

アイスホッケーの試合自体初めてだったので、そのスピード感と選手たちがトップスピードのまま壁に激突するドンッという音に圧倒されました。選手同志のぶつかりあいがとても激しく、ガチャガチャとスティックで叩きあう音が聞き取れます。まさに氷上の格闘技でした。攻守交替が早く、試合中ずっと首を動かし続けて左右を見ているのですが、あまりにも選手とパック(アイスホッケーの球)の動きが早すぎます。しっかりと見ていても行方を見失ってしまうことがしばしばありました。

DSC01298a

試合は3点を先行された後、第3ピリオドで2点を返しますが反撃一歩及ばず2-3でKingsの敗戦。

今日の感想を一言、バスケは熱いが、アイホは寒い。アリーナに入ったとたんに冷気を感じますので、意外と肌寒いです。アイスホッケーの観戦は、結構寒いのでしっかりと寒さ対策をして行きましょう。 寒さのあまりビールを飲むのをためらいましたから・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

Christmas

Thanksgivingが終わった途端に、面白いように街はChristmas一色になります。ラジオからもChristmas Songを良く耳にするようになりました。気候に関してもLAはずっと暖かいわけではなく、やはり朝晩の冷え込みが顕著になってきた気がします。昼間は陽が当たっている所では、ぽかぽかしていて半袖でも大丈夫なくらいですが、朝晩は華氏50度(10℃)まで下がるので、長袖1枚では寒く、ジャケットやフリースなどの羽織る物が必要だなと感じて来ました。

研究室がある建物はHealth Research Associationというのですが、その入り口もいつの間にかに大きな本物のTreeが飾られていました。気づいたらという感じでしたので、おそらく昨日だったと思います。サンタさん、ポインセチア、Treeの装飾と否が応でもChristmas気分は盛り上がってくるじゃあ~りませんか。

DSC01270a

研究室でもクリスマスパーティーが予定されています。これは公式行事ですから、やはり日本とは慣習が大きく異なりますね。帰り道に通るSan Marinoの豪邸では、外壁と庭を使ってのChristmas デコレーションがとても素敵です。夜のライトアップされた時間帯にきれいな家を何枚か写真に撮ってきたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

Post Season

最近アメフトの記事ばかりで申し訳ありません。

良く考えてみると、僕のアメリカ留学は今年の1月からスタートしたのですが、実は書類が来るまでに1年数ヶ月も時間が掛かったので、その時期からになりました。もし書類が早めに出来ていたら、Trojansが3連覇するかもしれない今シーズンを最後まで見れていなかった可能性もあったし、34連勝も見ることができなかったのですから、運命の巡り会わせだったのかも知れません。本当にUSCに留学できて良かった。仕事はどうした??との声が聞こえますが、もちろん仕事も含めてですよ!!

12/3でNCAAのRegular Seasonが終了しました。当日はUSC vs UCLA以外はそれぞれのConferenceのChampionship Gameが幾つかありました。昨日、最終ランキングが発表され、予想通りRose BowlはUSC Trojans vs Texas LonghornsのBCSランキング1位と2位の対戦です。毎年出場校を決めるのに議論が尽きないBCSですが、今年度は唯一12戦全勝で残ったチーム同士の対戦だったので誰もが納得できるカードになったのではないでしょうか。

USC Trojans(アメフトだけでなくUSCのスポーツ全部がTrojansです)のHPに、涙物のビデオクリップを発見。Matt LeinartとReggie Bushがハイズマントロフィーの候補者であることから作成されたこのクリップには、LeinartがNotreDame戦の第4Q、残り1分34秒で自陣26y 4th and 9から成功させた61yパスと、残り7秒での逆転TDシーンが収まっています。またReggieは、Stanford戦での42yロングゲインと、Fresno State戦での左サイドからカットバックして一気に右サイドまで駆け抜けるTDシーンが・・・。このReggieの走りは、2試合とも実際にColiseumで目の前で見ていたので、あの時の興奮が蘇りました。何度見ても凄すぎます、涙出てきました。

http://usctrojans.collegesports.com/sports/m-footbl/spec-rel/bush-video.html
http://usctrojans.collegesports.com/sports/m-footbl/spec-rel/leinart-video.html

LeinartもBushもおそらく今年のNFLドラフトで1st roundで指名されるのは間違いありません。どちらかはおそらく1st round 1st pick up(ドラフト全体での1巡目1位指名)になると思います。またハイズマントロフィーに関して、Leinartは自分の1票(過去の受賞者は1票の投票権を持つことが出来ます)をBushに投票 するだろうと言っていました。自分も史上2人目の2年連続受賞が掛かっているのにも関わらずです。

どなたかこのクリップをパソコンに落とせる方法を知りませんか?? おそらくそのうちにHP上から無くなってしまうでしょうから・・・、その前に記録を残しておきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

Caltech Tennis

10月下旬から、名門大学California Institute of Technology (Caltech)のTennis courtで毎週日曜日の午前中に定期的にTennisをしています。主にCaltechに日本から留学されている方や、大学院生の方もしくは研究Staffの日本の方たちが主体のTennis Circleですが、知り合いのUSC関連の方々も参加しているので、他大学の方との交流を兼ねて参加した次第です。

日曜の朝は一人暮らしをしている自分にとってはかなり貴重な時間です。今まではせっかくの休日なので遅くまで寝ていたり、掃除洗濯することに当てることが多かった時間帯でした。9時から12時までの3時間をCaltechのTennis Courtで行うのですが、僕はだいたい朝の洗濯を終えてから行くので遅れて参加させて貰っています、申し訳ありません・・・。内容はというと乱打やダブルス形式のゲームをしたり、球出しをしたりと本格的な練習を行ってます。

本日はmemberの方の誕生日祝いを兼ねて、練習終了後にMonterey Parkにある飲茶に行って来ました。店の名前はNBC Seafood Restaurant。 SBC(LAの大手電話internet通信会社)ではありませんし、NBA(プロバスケットボール協会)でもありません。なぜNBCなのかも分かりません。漢字で書くと海運海鮮酒家で、意味から考えると海運がNBCなのですが、さっぱり・・・。

初めての店でしたが、味は美味しいです。純粋に飲茶で考えると、Ocean Starと同等レベルかそれ以上だと思います。Sam Woo Seafood Restaurant(三和海鮮酒家)の昼飲茶よりは美味しく感じました。ワゴンの台数が多いのと、点心系、デザート系が充実していたのがポイント高いです。さらに裏情報を一つ。休日の昼時で結構待っている人が多く混んでいたのですが、小さい子供さん数名と一緒に来ている事を伝えるとほとんど待たずに入店できます。お腹が空いていると伝えるのがポイントらしいです。16人の集団でしたが、あっという間に順番をすっ飛ばしてくれて入店できました。(大勢の待っていた方々すいません・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

The way to the Rose Bowl

24回のキャリーで260yのRun、2TD。今日もReggieはLightningの如くFieldを駆け巡りました。USC Trojansの完勝でした。UCLA Bruinsには少し落胆しましたが、大事なことはTrojansが今年一番のDiffenceとRun主体のOfence陣がかみ合い、絶対に負けられないプレッシャーの掛かった重要な試合で66-19と圧勝した事です。Reggieは自身のハイズマントロフィー獲得へ向けて、ライバル達を大きく突き放したと言っても過言ではないと思います。

Run, Reggie, run -- all the way to the Rose Bowl and probably with the Heisman Trophy in tow. (from yahoo sports)

これでTrojansは100%、1/4のRose Bowl出場が決まりました。相手もTexas Longhornsで間違いないでしょう。

実は、僕自身もタイトルの如くRose Bowlへの道を模索してきました。前回の記事で書きましたが、本日がRose Bowlのパサデナ市民対象のチケット先行発売日で、朝7時にPasadena Civic Centerに行きました。ところがその時点で抽選会場脇から始まった行列は、1Blockを取り囲む様に道沿いに形成されすでに裏のSheraton Hotel付近まで来ていました・・・。 ”7時なのに、7時からって書いてあったのに、何でよ?? しかもすごく寒ぃ・・・。” 考え抜いた結果、頑張って一人寂しく並ぶことにしました。

DSC01226a

途中で本日の発売枚数が500枚であることを知ります。どう考えても最低5000人以上は並んでいますから、倍率は10倍以上・・・。行列を見た時からすでに諦めかけていましたが、Trojans NCAA3連覇がかかり、しかも全米優勝決定戦が地元パサデナで行われるこんな機会は二度と無いと思い、意地になって抽選権であるリストバンドを貰うまでは帰らないぞと意気込みました。2時間半並び、やっとの思いでリストバンドを獲得し右手首に付けて貰い、10時の発表を待ちました。

DSC01229a DSC01234a

Lottery形式で、発表は2つの番号のみでした。近くにいたPoliceが拡声器で何か言たのですが、まさかそれが発表だとは思わず・・・。掲示板形式での発表を期待していた僕は呆気に取られました。そして僕の夢と希望は打ち砕かれました・・・。

DSC01238a DSC01241a

一人2枚まで購入できますので、推測するに1つのLotto番号は125人で、合計250人の当選だったのではと思います。しかもその当選番号(4500、4700番台)は早めに並んだ人たちの番号なのでは?? 事実は分かりません。

くよくよしていても仕方がない、あとはネタの收集!!と思い直し、当選した人にアタックし無理を言ってplatinumチケットを見せてもらいました。虹色に光輝くひと際大きなチケットがまぶしく見えました、うらやましく見えました。これが歴史あるRose Bowlの魅力なのだと感じました。あ~悔しい。でも疲れた、トホホ

DSC01243a

Newsで面白いと思った表現がありました。"Trojans made a reservation for drive way to the Rose Bowl on 3rd January 2006." 間接的な言い回しなんですが、ニュアンスがよく伝わりました。英語でもこのような比喩的表現をするのだと感心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

USC vs UCLA

USC   VS.   UCLA

12/3(土)Rivalがついに激突します。今年はUSC Trojans 11戦全勝でBCSランキングNo.1、UCLA Bruins 9勝1敗でBCSランキングNo.12と両校が上位にランクされ白熱すること間違いなしです。今週の半ばくらいからテレビ、ラジオ等でも盛んに今週末のUSC vs UCLA戦が特集され、話題になっていますね。

参考までに1998年以来 TrojansはBruinsに負けていません!! 今までの対決はUSCの40勝27敗7分です。しかし、昨年は29-24と辛勝であり、Bruinsは今年もかなりのmemberが揃っています。特にQBの#14 Drew OlsonとエースRB#21Maurice Drewはハインズマンレースにも関わってくるのでかなり気合が入っているはずです。

おそらくUSC Trojansが全勝して今年度のBCS優勝決定戦(全米Champion決定戦)に進むことになると思います。その舞台は僕が住んでいるPasadenaのRose Bowlで来年の1/4 20:30 Kick Off予定です。Rose Bowlでの優勝決定戦は4年に1度なのでかなり運が良いですね。全世界中のFootball Fanが釘付けになるこの試合がPasadenaから世界各国に中継されます。(アメリカと日本だけかも・・・)

We Love Pasadena!!管理人であるアキさんから貴重な情報を頂きました。このplatinumチケットがパサデナ市民向けに先行発売されます!! 12/3(土)の朝7時からCivic Center Box Officeで行列が開始されますが、内容を読むと抽選発売なのかもしれません。

http://www.tournamentofroses.com/events/tickets.asp

もしダメでも次の一手を用意しました。ただ、こちらの方が難関だと思われます・・・。Ticketmasterで12/6(火)の朝8時から一般発売されます。ただしチケット代が1枚$175しますので、御注意を。4枚まで購入できますが、インターネットではおそらくサイトにさえもつながらないと思います。

http://www.ticketmaster.com/venue/90162

もしくは、Ticketmaster電話窓口 213-365-3675まで。皆さんGood Luck!!

そしてGo Trojans!! 目指せ34連勝!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »