« 鼎泰豊 | トップページ | Car Registration »

2005年10月24日 (月)

Ranking

昨日のスポーツニュースは、NCAA FootballのRankingの事で持ちきりでした。なんとUSC TrojansがBSCの1位から2位にRank downされたのです。その代わりに1位にRankされたのが、2位に位置していたTexas Univ. Longhornsでした。

Ranking制度はよく分かりません。AP通信、USA Today、Harris、BCS(Computer Ranking)とあるのですが、通常の前者3つは記者、監督らの投票で決まります。今週も、AP、USA、Harrisでは断トツの1位票を獲得して1位にランキングされています。BSCだけは平均Scoreのシステムを取っていて、BSCのComputer Rankingだけなぜか2位となり、他の2つが1位なのにもかかわらず、わずか平均値0.007差でTrojansは2位になってしまいました。

Yahoo Newsにも、BCSのシステム上の問題であるので、Trojansはそれほど心配するべきではないと書かれています。更に私見ですが、Division-Iは全米多数のteamが所属しており、全ての相手と対決しない、トーナメントではない、Confrenceによって対戦相手に偏りがあるなどの問題点はありそうです。BSCの1位と2位が、1/4のRose Bowlで頂上決戦を行なうのでそれまでに維持できれば3連覇は問題ないと思います。

Yahoo NCAAF: http://sports.yahoo.com/ncaaf/polls

BCS: http://sports.yahoo.com/ncaaf/polls?poll=4

USC Trojansの所属する通称PAC-10(Pacific 10)には、競合校がひしめいています。No.8 UCLA、No.14 Oregon、No.24 California StateがRankingされています。12/3の宿敵UCLA戦までCalifornia Stateを倒して全勝で乗り込みたいものです。

|

« 鼎泰豊 | トップページ | Car Registration »

コメント

はじめまして。
アメフトネタにはコメントが少ないようなので、コメントします。なぜBSCでUSCがTexasに抜かれたかと言うと、全勝のTexasが同じく全勝で#10(AP)のTexas Techに勝ったから。その週USCは完全にRanking外のワシントン大と試合をして、もちろん大勝しましたが、Computer的にはより強い(Rankingが上)と対戦して勝った方がポイントが上がるということです。ちなみに最新のBSC Rankingで は、またUSCがトップに返り咲きました。
今後の対戦相手をみると、TexasはRank外のチームとのみ試合があり、このまま無敗でシーズンを終える可能性が大です。しかし、USCはカルフォル二ア大(#23)、フレズノ州大(#24)、そして最終週にUCLA(#5)とTop25以内のチームとの対戦が3回も残っています。特に2年前、アウェーで負けたカルフォル二ア(この試合以降USCは負けていない)、そして、もしかすると全勝同士、Pac10優勝決定戦となるかもしれない永遠のライバルUCLAとの対戦は見逃せません。

投稿: tenka | 2005年10月31日 (月) 12時42分

tenkaさん、書き込みおよび詳しい解説有難うございました。来週以降、Virginia tech-Miami、Alabama-LSUと上位校同士の対戦があるのでそれも楽しみですね。UCLAも先週大逆転勝利をしていますし、12月のレギュラーシーズン最終戦USC-UCLAの一戦は全米大注目になるでしょうね。観に行きたかったのですが、早い段階からすでにSold Out。しかもチケットサイトでも凄い値段で取引されていますので、TV観戦となりそうです。

投稿: パサデナ人 | 2005年10月31日 (月) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/6591150

この記事へのトラックバック一覧です: Ranking:

« 鼎泰豊 | トップページ | Car Registration »