« ノッキング | トップページ | Pool »

2005年10月11日 (火)

特訓

仕事を終えてからいつも通っているAlhambraのゴルフ練習場に行って来ました。今日はしゅうさんとkazukoさんに加えて、とてもゴルフが上手なtanzさんが特別講師として加わりました。

やはり自分一人ではどこが悪いのか、どこを直せばいいのかが分かりません。また、どうしてもテンポが速くなってしまい、スイングのrhythmが一定しないのです。いつもはしゅうさんに見てもらい、スイングの変化を即座に指摘してもらっていますが、今回はtanz+しゅうさんの二人に気づいたことを指摘してもらい、また一般的な矯正法も教わりました。次回以降も良い状態が続くことを自分自身に期待します?!

止まっているボールを打つことがこんなに難しいとは思いませんでした。ごまかしが利かない分、自分の実力が100%反映されるし、また刻々と変化する自然の状況を即座に判断しなくてはいけません。知っているはずのゴルフコースが状況によって全く違ったコースに変化してしまうのです。予想以上に奥が深いスポーツですが、本当は実に科学的なんです。分析技術の進歩により、飛びが科学的に分析されるようになりました。つまりボールの飛びは、スイングスピード、打ち出し角、ボールのスピン量、初速等によって決定します。”ゴルフは物理だ” と広告している会社もあるくらいです。何か不思議な感じですよね。

ああ、まっすぐゴルフボールを飛ばしたい・・・。

|

« ノッキング | トップページ | Pool »

コメント

がんばれ。
俺もやろ。
とりあえず道具から。

投稿: ryu | 2005年10月12日 (水) 01時40分

ryuへ
とりあえず道具はグローブ(左?)と中古屋で、6アイアンを1本購入してください。またはAZコーチが高額のレンタル料を払えば貸してくれるかも?
AZコーチの下で基礎を積めば、Tanz特別講師が応用を教えてくれるでしょう。ただし、時間はあまり残されてません。すぐに精進するように!!
俺は何をするかって?横からかツツイテ楽しみます。

投稿: しゅう | 2005年10月12日 (水) 10時33分

急ぎます。

投稿: ryu | 2005年10月12日 (水) 13時23分

僕も人にエラそうに教えるレベルじゃないんだけど...。でも教えることによってスイングのヒントを新たに発見することもあるから不思議です。トップからの切り返しの際、左腰を切っていくのを意識してるって言ってたよね?僕はいままでずーっとオーバースイングで悩んでて、コンパクトなトップから切り返そうとすると、どうしても違和感があるから、結局落ち着くところまで肩を回して、なんとなく2段モーションになるってかんじだったんだけど、たぶんこれはトップから腕や手で切り返すことに意識がいき過ぎていたから。左腰に意識して切り返すとアラ不思議!ハーフスイングでもあまり違和感なくスムーズに切り返しができるじゃない!長年悩んだオーバースイングを解決できる糸口がついに見つかったかも!なのでパサデナ人くんにはすごく感謝です。しばらくこのかんじで練習してみようと思ってます。土曜日にニュースイング披露する予定なので乞う期待!長いコメントになっちゃったけど、最後に一つ、ペンネームはTanzじゃなくてtanzなのでヨロシクねー!

投稿: tanz | 2005年10月19日 (水) 16時07分

tanzさん、一人でなく他人に見てもらうって大事なことだと思います。Golfとは、いかに無意識で全ての動作を自然に行なえるかどうかですよね。お互いに精進しましょう。
ハンドルネームの件失礼しました。さっそく訂正させて頂きます。

投稿: パサデナ人 | 2005年10月19日 (水) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/6364970

この記事へのトラックバック一覧です: 特訓:

« ノッキング | トップページ | Pool »