« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

Halloween

アメリカでのHalloweenの盛り上がり方は尋常ではありません。あちこちでHalloweenのデコレーションがされていて、僕の研究室でも例に漏れずいつの間にかIHalloween Versionになっていました。

DSC00909a

アメリカでは仮装した子供たちが、各家庭を回りお菓子を貰っていくらしいのですがそれは愛嬌のある良い話しだと思います。アメリカらしい出来事を一つ。本日10/31は月曜日で、通常通り業務がありました。何も変わることのない普通の月曜日でしたが、研究室のCraigとLindaが奇抜な豹柄の仮装をして普通に仕事をしているではありませんか!!

その格好には研究室全員が大爆笑。その格好のまま普通に仕事できるアメリカ人が凄いと感心していたのも束の間、いつしか我々もCraigの格好をさせられる事に・・・。

豹柄のコートに栗色の長い髪のWig、そして極めつけはピンク色のスタイリッシュなサングラスと、なんだか70~80年代を髣髴とさせる格好でした。まずはおとんさん、そして僕、Ryuさん、Ko-ji-さんまでも巻き込んで写真をバシバシ撮られました。その写真は、我々の検閲を無事に通れば公開したいと思います。見たくないですよね、ハハハ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

きよ鈴

本日2:00AMから夏時間が終わっていたらしく、日本とLAの時差は17時間に戻りました。日本時間に7時間を足して、日付を1日引けばLA時間です。

午前中CaltechでTennisをする予定でしたが、昨日のごくせんの影響もあり寝坊する始末・・・。夏時間が終わり1時間遅くなっていたので、予想以上の遅れにならず一安心。久しぶりの快晴で日差しも強く10月下旬とは思えない気候で、昨日は長袖長パンでGolfしましたが、本日は半袖短パンで汗をかきました。

夕方手早く今週食べる分のカレーを作り、その後男4人でSushiに行きました。場所はArcadiaのBaldwin Ave.沿いの”きよ鈴”です。おとんさん、しゅうさん、ryuさんと行ったのですが、なぜにこの4人?? 二人の奥様方はどうしたって?? 実は本日は藤井隆のコンサートがあり、おかんさん、kazukoさんが観に行っているので、男だけで飲み会となった運びでした。”とりあえずビール”から始まり刺身をつまみに頼んでその後にぎりと、まるで日本で仕事帰りにいっぱい引っ掛けているかのような錯覚に陥りました。話も盛り上がったし、楽しかった~。相当ビール空けましたねぇ。

コンサート終了後のお二人も合流し、きよ鈴のご主人と皆で一枚。

DSC00914a

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

ごくせん

もともとTVドラマ等の連続放映する番組を見る方ではありません。やはり、仕事の影響で時間が不規則になっていたのが大きな原因で、TVといえばニュースと深夜のスポーツぐらいしか見ませんでした。

アメリカに来てから多少時間に余裕が出来るようになり、日曜夕方以降の日本語18チャンネルを見ることもありましたが、如何せんアンテナの状況が悪く、見るに耐えられない状況が続いていました。

引っ越してからというもの、以前より確実に幾つかのチャンネルの映りが良くなりました。18チャンネルが特に映るようになり、つい2週間前に偶然見た仲間由紀恵主演のごくせんにハマってしまいました。

やはり、例に漏れず今回も自分の都合で翌週の放映を見逃してしまい、続きが気になってもやもやしていたところ、偶然おとんさんの家にある日本で放映された物を録画したDVDを発見!! ”見逃した分だけ見てみよう!!”と軽い気持ちで見始めたはずが、気がつくと時計は夜中の2時。4話連続見てしまいあっさりTV放映分を追い抜いてしまった・・・。

本日は朝6時30分からゴルフに出掛けたので、帰ったら疲れていてどこにも出掛ける気力がなく、USCのFootballを見た後から残りの6話分の放映を続けて見てしまいました。ドラマとは分かっていながらも、最終回を含めて毎回必ず心に訴えかけてきて、感動し泣きました。

ひとつ思ったこと、仲間由紀恵がハマり役なのはもちろんですが、キャストのジャニーズの少年達がイケメンできれいな顔をしてるんですよね、びつくり。なるほど熟年女性層まで巻き込んでいるのも納得・・・でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

Bristol Farms

セレブ御用達というBristol Farmsというスーパーがあります。なんとSouth Pasadenaに店舗があるので、仕事帰りに行ってみました。Fair Oaks Ave.沿いなので以前から車で通行する度に気になってはいたのですが、入るには至らず素通りのみでした。

高級スーパーですね、日本の店舗で言うと成城石井とか元町のUNIONのような感じでしょうか。野菜の陳列の仕方とか品がありますし、肉や魚もショーケースに入っていて店員さんにほしい分を注文する形です。外国産のチーズとかワインも豊富で、パンも美味しそうなものが売っていました。デリみたいなコーナーもあったかも知れません。

中にはFoodcourtもあり、毎週木曜日の17:30~19:30までWine Tastingを行っているようで、とても賑やかでした。奥にはKitchen用品を売っている所まであっていろいろと楽しい店でした。以前からチェックしていたCuisinart製品も沢山置いてありましたが、探しているFood Processorはなくて残念。

Bristol Farms>Trader Joe's>Pavilion= Ralphs= Vons 

勝手に位置づけしてみましたが、日用食料品を買うのはやはり後者になる気がします。おっと、忘れていましたが、日系スーパーのMitsuwaがやはり一番買い物しやすいですね。慣れ親しんだ日本の物がそのまま売っていますから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

焼き餃子

10/23の記事でのコメント”焼き餃子が食べたい!!”という事が発端で、本日はいつもお世話になっているおとん、おかんさん邸で特製焼き餃子を頂いてきました。

Dumpling(餃子)はLA areaの中華料理屋さんでも食べることは出来ますが、中華料理で出されるほとんどは水餃子なんです。ですので頂いた焼き餃子は、とても香ばしくて美味しいの一言に尽きます。中身は挽肉、野菜、にんにくと日本の味を思い出すくらいの懐かしさでした。また、これがご飯によく合うこと!! なんとご飯を三膳も平らげてしまいました。

デジカメを忘れてしまい、本日の写真はおかんさんが撮ったものを頂きました。EOS REBEL XT(日本名:Kiss)+単焦点レンズでの撮影なので、食材が引き立ちとてもインパクトのある写真に仕上がっています。皆さんに美味しさが伝わりますように・・・。

IMG_6992a

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

Car Registration

日本とアメリカの車事情の大きな違いは、もちろん日本と反対の右側通行、左ハンドルですが、車自体の登録システムも大きく異なります。日本では車検が新車以外は2年毎にあり、修理やら部品交換やらで大きな出費となり煩わしいものです。

ここアメリカでは車検はありません。必要なのはCar Registrationと呼ばれる車の登録だけで、毎年DMV(車関係の役所)へ届出をしてRegistration Feeを払うだけで済みます。肝心の車自体に何も課せられるものはなく、あるとしてもSmog Checkと呼ばれる排気ガスチェックを街のGas Station等で行なうのみです。Car Registrationの有効期限を示すステッカーは、後方ナンバープレートに貼ってあります。ちなみに僕のは写真に示した如く2005年10月で切れます。今月が期限なのですが、まだステッカーと新しいRegistration Cardが来ないのでPoliceに捕まったらどうしようと、心配してます。(写真はクリックで大きくなります)

DSC00907a

一見便利に見えるアメリカのシステムですが、実際に住んでみて僕が感じたことは、”日本の様な車検はあった方がいいな”ということです。何故かって?? 答えは簡単です。アメリカのFree Wayを一度走ってみてください。おそらくたった1回走っただけでも、Free Wayの路肩で困った顔をしながら車を見つめるアメリカ人に遭遇するでしょう。

その多くはタイヤのパンクなのですが、中にはエンジンから煙が出ている状態を目撃することも出来ます。運がよければ?!映画さながらに車が炎上している様子も見ることが出来ます。僕もまさかとは思っていましたが、今までの9ヶ月の滞在で2回も目撃しました。燃えてました。車が・・・。

車検がないということは、通常は車の整備をしないと言うことになります。ですので、何も手入れをしなくても相当壊れにくい日本車が人気があり、そして高値な訳も納得できます。もちろん、定期点検をしっかりしている人は上記の様なトラブルに合う確率は低いでしょうね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

Ranking

昨日のスポーツニュースは、NCAA FootballのRankingの事で持ちきりでした。なんとUSC TrojansがBSCの1位から2位にRank downされたのです。その代わりに1位にRankされたのが、2位に位置していたTexas Univ. Longhornsでした。

Ranking制度はよく分かりません。AP通信、USA Today、Harris、BCS(Computer Ranking)とあるのですが、通常の前者3つは記者、監督らの投票で決まります。今週も、AP、USA、Harrisでは断トツの1位票を獲得して1位にランキングされています。BSCだけは平均Scoreのシステムを取っていて、BSCのComputer Rankingだけなぜか2位となり、他の2つが1位なのにもかかわらず、わずか平均値0.007差でTrojansは2位になってしまいました。

Yahoo Newsにも、BCSのシステム上の問題であるので、Trojansはそれほど心配するべきではないと書かれています。更に私見ですが、Division-Iは全米多数のteamが所属しており、全ての相手と対決しない、トーナメントではない、Confrenceによって対戦相手に偏りがあるなどの問題点はありそうです。BSCの1位と2位が、1/4のRose Bowlで頂上決戦を行なうのでそれまでに維持できれば3連覇は問題ないと思います。

Yahoo NCAAF: http://sports.yahoo.com/ncaaf/polls

BCS: http://sports.yahoo.com/ncaaf/polls?poll=4

USC Trojansの所属する通称PAC-10(Pacific 10)には、競合校がひしめいています。No.8 UCLA、No.14 Oregon、No.24 California StateがRankingされています。12/3の宿敵UCLA戦までCalifornia Stateを倒して全勝で乗り込みたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

鼎泰豊

小龍包で世界的に有名なDIN TAI FUNGがPasadenaの隣町のArcadia にありますが、アメリカではこの1店舗しかないので貴重です。予約を受け付けていないので、いつ訪れても混んでいて最低30分以上待つ覚悟で望みます。店に来て食べている人は中華系アメリカ人がほとんどですが、白人も良く見かけます。美味しいものはやはり誰が食べても美味しいのでしょうね。

鼎泰豊本店は台湾の台北にありいつも混んでいますが、実は日本からの観光者がほとんどかもしれませんね。味はというと間違いなく今まで僕が食べた小龍包のなかで一番美味しかったです。他にも幾つか別の店の小龍包を台北市内で食べましたが、やはり一番印象に残った味でした。日本にも関東圏内の幾つかの高島屋に入っていて食べた事がありますが、肝心の小龍包の薄皮とスープの味が本店と全く違うし、値段も高く個数も少なくてガッカリした記憶しかありません。

LAのこの店舗は、台湾の本店の味に似ています。売りである小龍包の薄皮と中のスープの多さは他店とは比べ物になりません。中華系のレストランが多いLAエリアのなかでもおそらく1番だと断言できます。しかも値段も安く、本日はランチで一人$11で満腹なり。午前中CaltechでTennisを3時間ほどした後で、極度の腹ペコ状態で行ったにもかかわらずです。

詳細は左欄のリンクから、おかんさんのHPである今日の遊食に掲載されています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

All inclusive price

あいにくの曇り空で肌寒い日でしたが、いつものGolfメンバーであるしゅうさん・kazukoさんご夫妻と今回初めて一緒に回るtanzさんとRosemeadにあるWhittier Narrows Golf Courseに行って来ました。

しゅうさんの勧めで、Pasadenaからも車で10分と近い距離であるのと値段が安かったのでここを予約。Play fee、Golf cart fee、Lunchが全部セットになったAll inclusive priceがHPに宣伝されていたので、Web上の予約システムから試しました。が、まったく空きがなく諦めかけましたが、しゅうさんに相談したところ、このゴルフ場のWeb上の予約システムは全く機能していないとの事で、電話で予約をしたのですが、あっさり取れました・・・。全部込みで$32、とても安いです。

DSC00898a

ここのコースは全体的にFlatで、コースも広く、バンカーなどの障害も少ないのでストレスなく楽しくGolfできました。上級者の人には物足りないコースレイアウトかも知れませんが、距離が6650yardsと長いので意外とスコアメークが難しいかもしれません。コースの管理状態も悪くなく、LunchもBurgerとHotdogから選択、また練習ボールも1カゴ一杯(110球位)で$6と普通の練習場よりも$2位安い価格設定でお得です。が、なんといってもやはりPasadenaから近いのが魅力的ですね。

その後はPasadenaのLake Ave.沿いのTony Roma'sでtanzさんFalimyと合流して夕食を頂きました。お決まりのRibと巨大なOnion Loafを注文し皆でシェアしました。やはりBeerとRibの組み合わせは最高です。Baby Back RibのRibはPorkなんですね、知っていました?てっきりBeefだと思っていましたが、一緒に頼んだBeef Ribと比べると大きさが全然違いました。種類は違いますが、まるで大人と子供ぐらいの違いという感じです。

DSC00900a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

Clearman's Village

American foodの代表格といえばBurgerしかないでしょう。でも日本ではHamburgerなのにアメリカでは一般的にBurgerと言います。そういえば日本でCheese入りはCheese Hambaugerとは言いませんね。ひとつ疑問、日本で言うハンバーグは英語では良い表現がないような気がします。研究室のアメリカ人がみたらMeatloafって言っていました。ちょっと違うんですけど・・・ね。

Huntington Dr.とRosemead Blvd.の交差点にあるClearman's Villageに行きました。にぎやかな店内は自由席で、奥のキッチンカウンターで主食を注文して最後に飲み物をレジで購入するスタイルです。Firstfoodの感じですが、店内はSports一色で、大画面TVが3箇所ぐらいに装備され、いろいろなSports中継がされていました。Beerも日本で言う特大ジョッキサイズが$4.50なので格安です。Sports Barなのでしょうね、歓声と笑い声が絶えない賑やかな店です。

本日はsimpleな”Burger”を注文。といってもChili Sourseがたっぷり掛かっているので、ボリュームもあってなかなかの味付けです。一緒に注文したBuffalo Wing(日本で言うチキチキボーンですかね)とFish&Friesも店の雰囲気に良く合っていました。気軽にアメリカの雰囲気を味わいたい人に最適な店ですね。

DSC00897a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

Frys

日本に居た時もヨドバシカメラ、コジマ電気やヤマダ電機などの電気屋巡りが好きでした。別に何を買うわけでもなく、新製品のチェックとかお買い得品のチェックとかしてました。

アメリカに来て、車で自由に出歩けるようになってからすぐに電気屋探しの旅に出ました。まず見つけたのはBest Buy。コンピューターから家電製品までなかなかの品揃えですが、イマイチお得感を感じません。Circuit Cityは、あまりにも小さいのと家電製品を取り扱っていないので即却下でした。

パサデナからは少し遠いのですが、Freeway60沿いで405と交差した東側にある、赤い屋根と大きな歯車が目印の巨大倉庫の店舗、それがFrysです。いつ行っても駐車場は一杯で、常にたくさんの人々が買い物しています。さすがはアメリカの店舗らしく天井はかなり高く、とんでもない敷地の広さは本当に倉庫のようです。

さすがの広さだけあり、品揃えはかなり充実しています。値段も他店のプライスを引き合いにして店員さんと交渉すれば安くしてくれます。かなりいい品揃えなのですが、気になったのはディスプレイの煩雑さ。おそらく誰かが手にとって見た後でしょうか、商品はバラバラに陳列してあるしなんと床に落ちている事だってすらあります。さらに許されないのが、商品が開封されたまま置いてあることも・・・。見たのだったらきれいにしまえばいいのに、アメリカ人とやらはそれをきちんと元の状態に戻せないようです。店員さんもそれを直そうとはしないんですよね。まったくもってしてサービス精神がありません、仕事しません。

返品されたものがそのまま販売されていることが多いので、悪循環しているのだと思います。買うときはぜひ気を付けてください。よくチェックして新品未開封品かどうかを調べましょう。何か問題があったらレシート持ってすぐに返品です!! アメリカはクレームしたもの勝ちですから臆する事はありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

Driving Range

Diet運動進行中のRyuさんを誘い、仕事後にAlhambraのDriving Rangeに行って来ました。

その前にお腹が空いたので晩ご飯を Savoy に食べに行き、半分残す予定だった海南鶏飯(Hainan Chicken Rice)もあまりの美味しさに二人とも完食。お腹一杯のなかでGolfの練習に向かうといった始末でした。

本日がアメリカGolfデビューのRyuさん、これがなかなかイケてました。冗談抜きで初めてにしては意外と上手いかも・・・、と思ったほど。ただ、まだまだ直すポイントは山程ありましたが、カッコイイPosture(姿勢)とテークバック時の右膝を保つことの2点だけを今日は指導しました。

ラグビー部出身のRyuさんは、運動センスもあり後半になるとほぼ確実にクラブはボールをヒットしていました。気がつくと夢中でボールを打っているところを見ると、真剣にGolfを始める感じがします。おそらく今後の問題は、持病のヘルニアが悪化しないことですね。明日、腰痛が出ない事を祈ります。

帰り際に”これからはどこでも素振りしよっ!!” 、と言っていたのが気に掛かります。何年か後には、ビニール傘持って駅のホームで素振りしていそうで・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

SWEET YEARS

お気に入りでよく休日に着ているT-Shirtsがあります。つい最近、Kyokoさん、おかんさんから質問されたものこのT-Shirtsで、大きなハートがトレードマークです。これはSWEET YEARSといいまして、イタリアのサッカー選手マルディーニ選手、ビエリ選手が立ち上げたブランドです。

このブログの左上にあるプロフィールの写真で着ているのもSWEET YEARSです。小さすぎてしかも後ろからの写真で見にくいので、正面から写っている写真を掲載します。T-ShirtsだけをPhotoshopで加工して切り取ってみたのですが変な感じだったので、奇妙なポーズをしているこの写真しか良いのがなく仕方なく掲載させて頂きます。申し訳ありません・・・。写真の場所は、Zion National Park、Canyon Overlookからの絶景です。

IMG_3887b

日本ではBeams店舗でのみで扱っていましたが、このたびOnline Shopが出来たようです。いろいろあるので興味のある方は見てみて下さい。ただ値段が高いですねぇ、アメリカで流行っているA&Fよりもかなり高い気がします。

Beams News:http://www.beams.co.jp/beams/topics/news_sheet/2005_oct_18_news04.html

SWEET YEARS:http://www.beams.co.jp/sweet_years/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

Heavy Rain

本日は、しかも大雨。おまけに雷まで頻繁に落ちていました。今年の2月中旬に1週間位大雨が降り続いて以来で、8ヶ月ぶりの大雨でした。

LAは雨に弱い街です。1年のほとんどが晴れている都市なので、仕方がないといえばそれまでなのですが。大雨の影響で必ず起こる、日本では到底ありえないこと。

1、信号機が停電、そして道路が大渋滞

2、道路が凹む

3、あらゆる道路脇が洪水化

まあ、3は日本でもどこか数箇所では起こりえることなので、許せますが、2はそうそう起こりません。しかもその後の道路の直し方も最低・・・、穴の開いたところをただ埋めるだけ。根本的な工事でないので大雨のたびにあっさり陥没。車のタイヤが取られる位なのでかなり危ない。Alhambra周辺に特に多い気がします。

そして一番ありえないこと、それは1の信号機が点灯していないこと。ただでさえ雨の日の運転に慣れていないアメリカ人の運転で渋滞するのに、信号機が機能しないとなると、朝の通勤時間帯の道路は大渋滞と化します。しかも大体Huntington Driveといった大きな幹線道路でです。さらに今日も交差点で衝突事故を起こしているところを目撃。

本当にお願いします。雨降るなとは言いませんから、少しだけにしてください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

マイルの使い道

苦労して貯めたマイル。使い道で一番多いのはやはり無料航空券もしくはアップグレードだと思います。以前僕は下記の様にコメントしています。

僕がお勧めする方法は、無料航空券でなく、ランクアップできる割引航空券を購入しアップグレードを利用する方法ですね。もしくはビジネスクラスの無料航空券を狙うことです。せっかく貯めたmileなのに国内旅行で使ってしまったり、格安でも買えるエコノミークラスではもったいないですよね。

基本的な考えは上記で良いと思うのですが、今回僕は違った使い方をしてみました。ある意味でこの方法が一番使い勝手が良いのではと思います。日本国内は航空券の割引額が少ないため、15,000マイルで国内往復航空券獲得というのが一般的に一番オトクだと言われています。例を挙げるとJAL 羽田ー福岡だと日中の直前まで購入できる特便割引1だと往復で47,400円です。

年末に日本へ一時帰国を考えていて、ノースウエスト航空(NW) 成田ーLAX間の無料エコノミークラス航空券を取りました。NWの特典では60,000マイルで、Asia-北米間の無料エコノミー航空券もしくは対象エコノミークラス航空券(Booking Class上位)からのビジネスクラスへのアップグレードが選択できます。無料航空券は往復発券が基本なので、行きは成田発2006年1月、帰りは今からの予約で一番時期が遅いLAX発2006年9月中旬にしました。

気づいた方もいると思いますが、このチケットの旅行期間は8ヶ月です。変更も手数料$25さえ払えば旅行開始後でも直前まで変更できます。(ただし開始30日前であれば無料) つまり、手数料の違いこそあれ1年Openの航空券とほぼ同じということです。そうなんです、ほとんど知られていないことで航空会社のHPにも記載がないと思いますが、実は無料航空券の有効期間はなんと1年です。

成田ーLAXの1年Openエコノミー航空券と言えば、Booking ClassがYの正規エコノミー航空券ですから338,900円もします。ですから単純比較で15,000マイルにしてみると84,725円の計算です。旅行期間が制限されたいわゆる格安航空券だと、安い時期で成田ーLAX間で35,000円位ですから同じエコノミー航空券の価値がぐっと上がります。そして上記の羽田ー福岡の価格も上回ります。

もちろん、上記の使い方が全ての方にとって一番良い方法ではないでしょう。留学などの海外に長期滞在している方や、同じ地域へ1年で何度も旅行されている方には良い選択枝の一つになるのではと思います。短期の利用であれば、上記の日本国内線や、ビジネスクラス無料航空券、エコノミーからのアップグレードが有効利用と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

28連勝

嫌な予感がしていました。Trojansは、今シーズン辛うじてここまで黒星をつけることなく5戦全勝で勝ち続けていました。しかし、USC内のFootball Fanの誰もが今年のTrojansはDefenseが弱いと感じていたはずです。NCAA Footballを2連覇した王者たる風格はありません。

今日の相手はNo.9にランクされているNortre Dame (Fighting Irish)。全米が注目していたTop10同士の試合でした。今日も明らかに劣勢で、14-21と前半をリードされ折り返しました。後半に入りやっとエンジンが掛かったTrojansですが、どうしてもNotre Dameを突き放せません。第4QuarterにエースRBの#5 Reggie Bushが今日3本目のTouch Downを取り、28-24と逆転に成功。この時点で残り5:09秒でしたので、Defenseが踏ん張れば例えKickでField Goalを決められても28-27の1点差で勝つことが出来るので、とても重要なNotre Dameの最後の攻撃でした。しかし、Notre DameQBの#10 Brady Quinnが次々とパスを成功させ、最後には自らの走りでTDに成功。この時点で、28-31、残り時間2:04秒。

この試合で最後であろうTrojansの攻撃が始まりました。1st Downはパス失敗し、2nd Down。ここで大きく前進しなければ絶体絶命です。しかし、相手が猛ラッシュを掛けQB #11 Matt Leinartが潰され何と9yardのロス。そして3rd Down、残り2回の攻撃で19yardを獲得しなければ、次の攻撃権を獲得できません。10yardのパスを成功させますが、届きません。残された攻撃は1回のみ、あと9yardを獲得出来なければ相手に攻撃権が移ってしまうので、ほぼ敗戦が決定するこの試合で最も重要な時が来ました。

通常4th Downまで来ると、自分の陣地をできるだけ回復するためPuntというKickをします。1試合の中で数回、4th Down Gambleと言って賭けに出ることがあります。失敗すれば、次の相手の攻撃が有利になってしまいますので、成功するか、失敗するかでその後の試合の流れが大きく変わるのでGambleと言われています。

昨年のNCAA最優秀選手(ハイズマン・トロフィー)のQB #11 Matt Leinartが、この土壇場で見せてくれました。何と61yardのパスを#8 D.Jarettに成功させます!! 奇跡です。凄いです。この人は!! この大きな賭けに成功し、TDまであと13yardで残り1:10秒。しかし、時間がありません。残されたTimeoutはなく、無常にも時間が過ぎさって行きます。試合終了まで23秒、残り2yard進むことが出来れば奇跡の逆転です。流れは完全にTrojansペース、次のplayに7万人のスタジアムだけでなく、全米中の視線が集まります。ボールを持ったQB Matt Leinartは大きく左側にフィードし、左端ギリギリのEndzoneに向かって走ります!! しかしほんの数インチ手前で相手Defenseの壁につかまりました。なんと失敗です・・・。わずか数インチで逆転に必要な得点を得ることができませんでした。その間も時計は止まらず、無常にも残り時間は0:00になりました。呆然です、興奮しきっていた自分がしばらく止まっています・・・。Notre Dame陣営は勝利を確信し、全員がField内へ駆け込んでいました。

ところが勝利の女神はTrojansを見放しませんでした。VTRでplayを見返してみると、Matt Leinartの手にあったボールは、相手のタックルでFieldの外に投げ出されていました。FootballのRuleではOut of Boundsで時計が止まります。そうです、一旦はNotre DameがNo.1のUSCを倒したかのように見えた試合ですが、審判団が慎重に協議し残り0:07から試合が再開となりました。会場のどよめきが冷めやらぬ中、時計がスタートするのと同時にMatt Leinartが、残り数インチの距離を自分でEndzoneに飛び込み奇跡の逆転に成功!!! 残り2:04秒から75yardを進んだ怒涛の攻撃でした。これぞ奇跡としか言いようがありません。Leinart Magic です。

USC Trojansはこの奇跡的な勝利で、連勝記録を28に伸ばしました。この内16勝は圧倒的に不利である敵地での勝利なので、とても価値があるものです。11/5のvs Stanford at USCを見に行く予定なので、この熱気と興奮をを肌で感じて来たいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

The Ritz-Carlton

またひとりお世話になった方が帰国します。ラボ主催で送別会があり今回はなんと、あのThe Ritz-Carlton Huntington Hotel & Spa のThe Dining Room!! PasadenaとSan Marinoの境界にあり、立派な外観と上流階級の雰囲気漂うこのHotelは、いつも通りすぎるだけでした。家から3分の距離ですが、近くて遠いとはこのことを言うのだと思います。

僕がアメリカに来た際に、生活のセットアップの手伝いをしてくださったParkさんが帰国されます。家とラボの送り迎えを何度もしてくださり、食事にも誘っていただきました。そして何より基礎の知識とtechniqueが全くなかった僕を、懇切丁寧に指導してくださった恩人です。

このRestaurantは、Named One of the Worlds Best Hotel Dining Rooms・by Gourmet Magazine,
May 2004 に掲載されました。とても落ち着いていてテーブル上の青いグラスがとても印象的。写真はNY Steakですが、sourceにBlue Cheeseを使っているところが特徴で、Blue Cheese独特の酸味、コクとSaltyな味わいが肉の重みを消してくれました。もちろん肉は完食です。

やはり特筆すべきは、客層でしょう。ロビーにはかなりドレスアップした方々がひっきりなしに出入りしていました。家に帰って着替える予定だったのですが、ラボから直行したので普段着そのままでした。ひとりこの格好だったら引いていましたが、ラボのアメリカ人の男性達も同じ格好だったので安心。といっても彼らはいつもJeansにT-Shirtsなんですが・・・。

DSC00875a DSC00884a

The Dining Room:

http://www.ritzcarlton.com/hotels/huntington/dining/venues/grill/default.asp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

Wild Life

今まで訪れた国立公園で見れなかったもの、それはWild Life(野性動物)でした。Yellowstoneの主役は間違いなくこのWild Lifeでしょう。Buffaloは最も出現率が高い動物で、あらゆる所で出現します。僕はLake Hotel&Cabinsの駐車場でBuffaloの大群を目撃しました。ある車はその大群に囲まれ5分くらいは身動きが全く取れていませんでした。

Elk、Mule Deerに代表される鹿も比較的目撃することが多いと思います。そこで疑問、どうして鹿の写真は顔が後ろを向いている写真が多いのでしょうか?? とても不思議そうな顔をして後ろを向いている姿がとても愛らしいです。

DSC00529a

大きな収穫と言えば、Lamar ValleyでWolfを見れたことです。Wolfはガイドブックによると一時の絶滅の危機から脱したものの、公園内に約170頭しか生息していないようです。道路に人だかりが出来ていて、車を降りてみたものの何がいるかサッパリわからずで、朝からスタンバイしていたような、服から双眼鏡まで迷彩色で覆われたアメリカ人の女性に聞いて見ると、なんとWolfがいるとの事!!

早速自分のカメラの20xまで利くズームを生かして探しますが、広い草原の中で一匹のWolfを見つける事は至難の業です。女性が持っている100xの単眼鏡で見せてくれないかと頼んだら、待ってましたかのごとくOKの返事が!! 親切な女性は単眼鏡の視野の中にWolfを捉えてから、見せてくれました。生まれて始めて野生のWolfを見ました。が、100xでもかなり小さく、まるで犬のように見えます・・・。Wolfだよね?と聞くとWolfだよ。と答えてくれたので間違いなくWolfだったのだと自分の中で納得しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

Pool

Yellowstoneの写真を見直しました。何回見直してもMorning Glory Poolの吸い込まれそうなブラウンから透明なブルーへのグラデーションに心を奪われます。この不思議な色合いはもちろん生まれて始めて見るものであり、このような色彩の変化はYellowstone以外ではほとんど見ることが出来ないのではと思います。

DSC00451a

他にも印象的だったのは、Sapphaire Poolでした。透明度の高さではこちらの方が上なのではないかと思います。ブラウンが無く、大きめの岩の開口部が透き通ったブルーを引き立たせていました。残念ながら写真では湯気のため上手く撮れませんでした。

DSC00651b

その他に有名なのがEmerald Poolでしたが、僕が訪れた時は夕方日が暮れる直前だったので太陽の光が直接Poolに差し込まず、きれいな色を見せることはありませんでした。とても広い公園なのでゆとりをもった行動が必要だと思います。やはり太陽が見せる自然の魅力を堪能するために日中に訪れることをお勧めします。さすがにDさんのように、どこそこは何時がベストと良い切る事は出来ませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

特訓

仕事を終えてからいつも通っているAlhambraのゴルフ練習場に行って来ました。今日はしゅうさんとkazukoさんに加えて、とてもゴルフが上手なtanzさんが特別講師として加わりました。

やはり自分一人ではどこが悪いのか、どこを直せばいいのかが分かりません。また、どうしてもテンポが速くなってしまい、スイングのrhythmが一定しないのです。いつもはしゅうさんに見てもらい、スイングの変化を即座に指摘してもらっていますが、今回はtanz+しゅうさんの二人に気づいたことを指摘してもらい、また一般的な矯正法も教わりました。次回以降も良い状態が続くことを自分自身に期待します?!

止まっているボールを打つことがこんなに難しいとは思いませんでした。ごまかしが利かない分、自分の実力が100%反映されるし、また刻々と変化する自然の状況を即座に判断しなくてはいけません。知っているはずのゴルフコースが状況によって全く違ったコースに変化してしまうのです。予想以上に奥が深いスポーツですが、本当は実に科学的なんです。分析技術の進歩により、飛びが科学的に分析されるようになりました。つまりボールの飛びは、スイングスピード、打ち出し角、ボールのスピン量、初速等によって決定します。”ゴルフは物理だ” と広告している会社もあるくらいです。何か不思議な感じですよね。

ああ、まっすぐゴルフボールを飛ばしたい・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

ノッキング

ガソリンネタは以前書きました。そこで実体験を基に経験した”感じ”(主観的なことです)を書きます。

Cabazonのアウトレットに買い物に行った際に、ガソリンが無くなった為にMorongo ResortのGas Stationで給油しました。やはり郊外のためか少しLA価格よりも高く、オクタン価87が$3.05位でした。それでもMorongoは安めの設定なんですね。いつもオクタン価91を安いGas Stationで入れているので、91を入れようと思ったのですが、なんと$3.25の表示が・・・。さすがに高すぎるので、少しケチって今回だけと思い89にしました。

ご存知の通り、僕の車はマニュアル車です。クラッチを使ってギアシフトして運転しますが、速度が遅くなってくるとノッキングするので、クラッチを踏んでニュートラルにします。また、低速から速度を上げていくときも、アクセルを踏み込んで適切なガソリンの供給をしないと、すぐにガタガタと車が震えます。

どうも、89のガソリンを入れてからそのガタガタ感が大きくなりました。特に1速から2速に変換する時の様な低速加速時に、アクセルを普段よりも多く踏まないとそう感じました。寒さで震えている時の様にガタガタと震えます。まるで”ガソリン足りないよ~”と言っているような。普段からいろいろな変化に敏感に感じる方なので間違いはありません。

”感じ”と書いたのはあくまで自分の体感でしかないので、実際のところはよく分かりません。もう1点付け加えたいのが走行距離の問題です。91の時よりも明らかに1回の満タンで走る距離が少なかったのです。距離にして40マイルくらいでしょうか。燃費換算しても少し低かったように思います。単純にオクタン価が原因なのでしょうか?ちなみに再び91に戻すとその”感じ”はなくなりました。意外と91を入れても89とTotalで考えると大きな価格差は生じないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

男の買出し

スクープ画像です!!

TorranceのMitsuwaで買い物中のRyuさんを激写しました。ナスを選ぶ目は真剣そのものです。早いものでRyuさんもアメリカに来て1ヶ月経過し、奥様方の手厚いご指導によりここまで成長しております。これからどんどん料理のレパートリーが増える事間違いなし!!

せっかくTorranceまで行ったので、今日は山頭火でとろ肉ラーメン(塩味)を食べました。日本の店と少しスープの味が違う気がしますが、でもやはり”日本のラーメン”に間違いありません!!あの独特な塩ラーメンは美味しかった。久しぶりの懐かしい味に、妙に感動してしまった・・・。

DSC00867b

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

Winery

California Wineは有名ですね。この太陽の陽射しを目一杯受けて育つので、CaliforniaはFranceやItaliaに負けないくらいのワイン作りで有名です。いつもお世話になっている方々とWinery巡りに行ってきました。

今回訪れたWineryは、I-15を南下したTemaculaにありました。このエリアには全部で18ものWineryがありどこでも試飲ができます。Wineryによってシステムは異なりますが、訪れたところは$5でワイングラスとチケットを5枚購入し、Listにあるワインをチケット1枚で1杯ずつ試飲出来ました。DSC00848b

今回4つのWineryを回り、なんと合計15杯は試飲したと思います。Winery毎に趣が違って、作られるWineも違いました。白、赤、ロゼ、スパークリングに加えて、ぶどうの種類ごとで銘柄が決まるので、飲み比べして沢山の味を味わうことが出来ました。

今回のWinery王は、僕の独断と偏見でS司さんに決定です。楽しくお酒が飲める中でも、しっかりと最後までテイスティングして味の違いを模索し続けていました。最後のHart Wineryでは美味しさのあまり、なんと6種類のWineを2周も試飲!! その晩も美味しいWineで盛り上がりました。 DSC00846a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

Dollor Coin

今日の昼は、Ryuさんと月曜日に到着した新任のToshiさんとJack in the Boxに行って来ました。ハンバーガーは重いので、JIBではいつもBruschetta Chicken Ciabattaを注文します。軽いテイストのブレッドにchicken、cheese、LettuceにDiced tomatoが入っていてとてもジューシーでハンバーガーとは思えません。

Casherでお釣りをもらう時に、お姉さんが”札がないから、小銭でも良い?”と聞いてきました。今、Quater centのアメリカ合衆国州シリーズを集めているので喜んでOKしました。ところがお釣りを$2分をQuaterで貰うはずなのにどうも見た目にQuaterが少ないのです。8枚あるはずが5枚しかない。よ~く見てみると見たことのないコインが1枚入っています。どうせCanadaのコインだろうと思って、あ~やられたと思っていたのですが、手にとって見てみるとそれは$1コインでした。

50cent コインは大きいので珍しくて昔お土産にコインセットを買った覚えがあるのですが、Dollor Coinは初めてでした。調べてみると Susan B. Anthony dollar というらしく1979-1981と1999に製造されたもので、それほど珍しいものではありませんでしたが、現在Dollor CoinはGolden colorのSacagawea Dollorに置き換えられていて徐々になくなっていくようです。価値のあるものはやはり流通しているものではなく、写真左の様にMintといって光沢加工された保存用のものだけです。

Anthony_dollar_coin 172px-US_Anthony_dollar_coin_reverse

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

故障

昨日まで使えていたノートパソコン用のACアダプターが、突然今朝から使えなくなりました。なぜだか分かりません。アダプターは海外モデルでもあり、inputはアメリカの電圧でも気にせずに使えて、outputは一定になので、まさかの故障。購入し1年半経過していたので、やっぱり保証外でした。

いろいろな周囲に聞いてみましたが、アダプターが故障した人は周りにはいませんでした。このままではバッテリーが3時間しか持たなくて、コンピューターなしでは仕事できないよ状態に・・・。ラボにいる人のあらゆる会社のノートPCのアダプターを、片っ端から合うか見て回りましたがどれも一致せず。偶然今日いなかったDanielのアダプターが机の上に置いてあるのを発見!! 恐る恐る試してみると、差込口の形状が一致し、無事にACアダプターから電源が供給されたので、PCの故障ではないことが分かり一安心でした。

その後ネットで商品を探しましたが、このACアダプターって意外と高くて驚きました。なんと$99ですよ!!! $400ぐらいから安いパソコンが出回っているのに、アダプター一つで$99。この価格設定に納得いきません。安いショップを探し50%offの$49で購入。当然翌日に使いたかったのでFedExのNextdayを選択すると、これがまたびっくり送料$30しました・・・。

アメリカは物は安いですが、人件費と送料は驚くほど高いです。また一つアメリカにしてやられました。購入価格の約40%が送料とはなんか悲しいですが、それでもまだ一般のショップ価格より安いのですから、ネット通販はお得です。ただし通販なので何が来るのかは分かりませんから、Riskを承知の上で試してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

ラップ

日曜日の夜に頑張ってカレーを作りました。ナスを買ってあったので、豚ナスカレーにして見ましたが、味は合格最低点と言う感じでした。こくまろカレーを使ったのですが、コクが余りないんですね。フルーツとか、酒類とか入れれば違うんでしょうけど日本で作っていたのと何か違うんですね。何かが・・・。野菜の旨みがないような気がするんですがどうなのでしょうか?特にニンジン君が。

今日はRyu君のDriver License取得を親友として祝ってあげようと思い、家に招待しナスカレーとしょうが焼きを作りました。まあ、味の感想を言っていなかったので課題はありそうな感じでしょう?! それでも見た目はかなりの合格点が出ると思いますね。

調理していて一つ気になったのが、ラップです。アメリカ製の物はおかしくありませんか?うまく皿類にフィットしないし、金属ボウルなんか全くフィットせず・・・、そして何と言ってもカッターの切れが悪すぎです。日本製の、クレラップ(クレハ)とかサランラップ(旭化成)は、大きさをセットして少し捻るだけで簡単に切れますし、どんな物にもフィットして使い心地が100点満点でした。

アメリカ製のキッチン製品はジップロックとか、ストレッチタイプの破れにくいゴミ袋とか、ロックして密着できるプラスチック皿とか製品のアイデアはとても良いだけに残念です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

Local Airport

今回、San FranciscoとYellowstoneに行ってきたのですが、フライトを上手く組み合わせて5区間United Airlinesの旅客機に乗りました。5区間のうち4区間は違う種類の機体でした。Boeing757、777、767、Airbus319と小型からの大型Jetに乗ったので、機体によりいろいろな違いがわかって興味深かったですね。

空港は、Los Angeles国際空港(LAX)、San Francisico国際空港(SFO)、デンバー国際空港(DEN)と大きな3つの国際空港と、Yellowstoneの南玄関であるlocalなJackson Hole空港(JAC)を利用しました。大きな空港は沢山の人々と旅客機が集まり、旅行気分を盛り上げてくれますが、やはり今回良かったなと思うのが、地方の空港を使えたことに尽きます。

旅客機を降りたあと、通路ではなく、直接階段を下りて空港に降り立ちます。ですので旅客機の音とか、この地域の温度や空気をじかに体感でき、飛行機に乗って旅行してきたんだと実感できました。最近は大きな空港を利用することが多くて、搭乗Gateから通路を通り機内に搭乗してまたGateに降りるので、何となく飛行機に乗ったんだという実感が薄れている気がします。Jackson Holeに着いたのは21:30だったので、空港はオレンジ色にライトアップされて幻想的だったのと、とても寒かったのが印象に残りました。

何と言っても旅客機の写真を間近に撮る事ができるので、普段取れないangleを幾つか試してみました。出発前の緊張感がでていると思いませんか??

DSC00744a DSC00738a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

Trojans

アメリカでは、日本では考えられないくらいにSports文化が確立しています。もともとアメリカ人はあらゆる面で地元大好き!!の人が多いので、地元密着型のSportsは恐ろしいぐらい盛り上がります。4大プロスポーツはもちろんですが、日本との大きな違いはCollege Sports(NCAA)が絶大な人気を誇っていることでしょうか。その中でもCollege Footballは飛びぬけて人気で、毎週テレビ中継があり、Sports Newsでも大きく取り上げられます。

Trojans をご存知でしょうか? 僕が働いているUSC(University of Southern California) の愛称なのですが、今一番ホットなのがFootballです!! USCは2003、2004と二年連続で全米チャンピオンの栄冠を勝ち取り、今年もNo.1 にランクされていて、ここまで3戦全勝と絶好調でこのまま3連覇できるかがMediaでも大きな話題となっています。

今日は、No.14にランクされているArizona State Univ. と敵地で対戦。前半は、反則を度々重ねたためペナルティの罰退で流れは完全にArizona State Univ.となり、前半終了時点で3-21とリードを許しました。後半に入り、ここまで1試合平均59.3得点と破壊的な攻撃力をもったOffense陣がやっと火を噴きます。Offenseの中心であるQBの#11 Matt LeinartがPassとRunを巧みに駆使して第4Qurterでついに逆転し、この試合で初めてリードすることに成功!! その後Arizona State Univ. も反撃し再逆転されますが、最後に王者の意地を見せ再々逆転し、辛うじて38-28でこの試合に勝利しました。

matt_leinart

3連覇に向けこれからも厳しい戦いが続くはずです。今日の様な厳しい試合を一つずつものにしていくことができれば夢ではないと思います。レギュラーシーズンの最大ヤマ場はやはり12/3のLAダービーマッチ、対UCLA戦ですね。Fight On, Go Trojans!!

USC Trojans    http://usctrojans.collegesports.com/store/usc-store.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »