« コラム | トップページ | San Francisco »

2005年9月14日 (水)

ダック

帰国されるDさん、ノリィさんご夫妻からいろいろと生活用品を格安で譲り受けました。Apartmentを開け渡す日であったので、調味料から食器にいるまで一人暮らしに必要な物の80%程度は揃えられたといっても過言ではありません。本当に有難うございます。ついに、パサデナ人も引越しすることが出来て、晴れて新パサデナ人?!となりました。

気がついてみると、先週はDさんといる機会が多かった気がします。送別会が幾つかあり、Ryuさんセットアップの手伝い、そしていつものCaltechテニスもしていましたし・・・。ノリィさんからDさんが北京ダック好きだということをお聞きし、北京ダックがおいしいお店をしっていますよと、以前お伝えしていたところ、2~3日前にノリィさんから・・・

”引越しの日の夜は北京ダックに決まったからねっ!!”

そういう事で、昨日はおとん、おかん夫妻、Ryuさんの計6人で北京ダックを堪能しに行って参りました。

DSC00231a

北京ダックは、通常、高温の油を何度も何度もダックに掛け、時間をかけて作られます。パリッと香ばしい皮を頂くのですが、通常油っぽいこともあって沢山食べることはありません。しかし、この店の北京ダックは何枚でも食べられる美味しさで、ダックのお肉、付け合せのネギ、キュウリの細切り、テンメンジャンベースのソースをかけて、それをクレープに巻いて頂きます。良い色艶をしていて、パリッとしながらそれでいて甘みを感じることができ、後を引く美味しさでした。

皆さんとても美味しく召し上がっていたので、Dさん、ノリィさんご夫妻にとっての”最後のLA夕食”もきっと満足して頂けたのではないかと思っています。おそらく詳細は、近日中におかんさんのHPに加えられると思いますので、リンク欄から”今日の遊食”をクリックして度々チェックしてみてください。

|

« コラム | トップページ | San Francisco »

コメント

  北京ダック、ほんとに美味しかったですね。テンメンジャンも甘すぎず、皮の油加減もよかったです。
  日本では、皮のみを巻いて食べるのが多いので、油が綺麗に落とされた、薄ーい皮のものが多いですが、こちらでは身も一緒に食べるので、皮に若干油が付いたやや厚めなのが多いですね。一緒に食べるとジュージーで、ダックの味もちゃんとして美味しいですが、美味しくないお店だと、脂っこくなりがちです。
   でもここのは皮が厚めでも脂っこくなく、パリっとしていて、テンメンジャンに負けない味を持っていて美味しかったです。
  さっそく私のホームページに載せたいとは思っていますが、なに分、今週末にうちのまろの仮装大会が迫っている故、夜なべ覚悟でせっせと衣装を裁縫中です。なのでアップは少々お待ちいただくと思います。あしかわず。。。
  ちなみに、昨日無事にS夫婦を空港に送りとどけましたよ。2人ともタヒチに行く実感ゼロのまま行ってしまいましたが、きっと今頃現地に着いて、その雰囲気に一気に気持ちも盛り上がっていることでしょう。子供のようにはしゃいで写真を撮りまくってる2人の姿が目に浮かびます。
周りの新婚さんの邪魔をしていなければいいのですが。。。。

投稿: おかん | 2005年9月16日 (金) 10時59分

北京ダック、本当に本当に美味しかったです。私は日本で「北京ダックもどき」を夫に食べさせられていたんだな~ということを、改めて認識しました。食通代表パサデナ人さん、これからも美味しいお店の紹介期待しています(そして、たまには日本の食事処も宜しくお願いいたします)!

投稿: ノリィ | 2005年9月25日 (日) 13時58分

ノリィさん、無事に帰国されたようですね。とっておきを最後に見せてしまった感じなので、おかんさんのHPに負けずにこれからパサデナ周辺を隅々まで開拓していきます。そうですね、最近の日本の店はどこもおしゃれで良い雰囲気です。が、やはり味、雰囲気、コストパフォーマンスでお勧めできるお店は限られます。まずは丸一のとんかつを堪能してください。ああ、食べたい・・・。本当に食べたい・・・。

投稿: パサデナ人 | 2005年9月26日 (月) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/5966598

この記事へのトラックバック一覧です: ダック:

« コラム | トップページ | San Francisco »