« 灼熱 | トップページ | ガソリン »

2005年8月 2日 (火)

アップグレード

空港のチェックインカウンターで、思いがけないアップグレードの待遇を受けると大変嬉しいものです。自分自身での二回の経験を踏まえて、私見ですがお話します。

まず、一番大事なことは、予約している搭乗予定のエコノミークラスが満席であることが絶対条件となります。航空会社は、なるべく搭乗率を上げたい為にキャンセルを予測して実際の席数以上の予約を取る事がほとんどです。つまりOver Bookingがなければ、タダでアップグレードされることはないと考えられます。

一般的に言われている、”なるべく遅くにチェックインするとアップグレードされやすい”についてですが、これは間違いではありません。おそらく、ほとんどがこのケースになるのではないでしょうか?しかしながら、狙って確実に取れるわけではありません。運任せというよりむしろ地上職員の判断と言っても過言ではないでしょう。あまり遅れると飛行機に搭乗できない可能性もあるので御注意を。日系航空会社なら大丈夫だと思いますが、外国系ではチェックインが締め切られることもあります。

僕が経験したケースをお話します。上記との大きな違いはチェックインは通常通りに済ませ、座席指定された搭乗券もすでに発行されていたという点です。出国審査を済ませ、搭乗ゲートから改札の機械に航空券を通して半券を受け取り、さあ機内へという一歩踏み出した時でした。

”お客様、大変申し訳ございません。あいにくお客様がお座りになられるはずの座席が、満席のため変更となりました。代わりにビジネスクラスのシートをご用意させていただきましたので、どうぞお楽しみ下さい。”

その時、お盆のシーズンのため航空会社のインターネットでも満席で予約キャンセル待ちも出来ない状況でした。知り合いの旅行会社の方に頼んで、空いていたらすぐに座席を押さえて欲しいとお願いし、数日前にかろうじてY Class(正規普通航空運賃、前回のBooking Classを参照下さい。)で予約できた状況でした。おそらく、このケースではエコノミークラスに予約が入っている中で一番Booking Classが高かった事が、アップグレードされた要因なのではと考えられます。

もう一つ忘れてはならないのが、航空会社マイレージ上級会員です。NWの場合マイレージ上級会員とは1年間に25000飛行マイル以上または、30フライト区間以上から設定され、順にSilver、Gold、Platinumと上級になります。アップグレードの順位付けは、Booking Classと上級会員が関連し、航空会社が独自に設定していると思われるので、そこまでは僕も把握できていません。

当日の混雑が予想されて、Booking Classが高ければ遅くチェックインしてアップグレードに賭けてみても良いかもしれません。チェックインの際に地上職員の方が、機械を叩きながら困りだしたら、チャンスかもです。その時は、機会を見計らって”ビジネスはどうですか?”と言ってみましょう。

その他、大手旅行会社で購入の格安航空券や、クレジットカードのplatinum以上の会員でクレジットカード会社の予約サービスを利用してアップグレードを受けたとも聞いた事があります。僕のもう1回のケースは、天災によるフライトのキャンセルで、他社の代替便となった際に”ビジネスにしてください!”と強気で交渉した際にアップグレードされました。

次回は、Over Bookingの際に募集されるVolunteerについてお話します。

|

« 灼熱 | トップページ | ガソリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/5293604

この記事へのトラックバック一覧です: アップグレード:

« 灼熱 | トップページ | ガソリン »