« TAISEI | トップページ | IKEA »

2005年8月31日 (水)

Hurricane Katrina

ニューオーリンズを中心にハリケーンの被害は尋常でなく、連日ニュースで放映されている街並みを見ると悲惨としか言い様がありません。一刻も早くと、人道支援が各地から出発しており、被災地が早期に復興されることを望みます。

東海岸からのパイプラインが止められ、Gas Priceにも影響が出て各地で軒並み値上がりしているようですが、一部の地域ではガロン当たり$6を越えている地域もニュースで放映されていました。さらに給油する車でGas Stationの前は大渋滞の列を作っていて、インタビューされる人々の顔色、表情は良くありません・・・。

幸いCaliforniaはHurricaneとは無縁の地域ですが、大地震も過去に起きており、いつ自然災害が自分の周りに降り注いでくるか分かりません。自分が安全に生活できていることに感謝です。

|

« TAISEI | トップページ | IKEA »

コメント

初めて書き込みさせていただきます。こんにちは。今回のハリケーン、もちろん日本でもニュースになってますが目を疑ってしまうほどの映像がながれています。日本での地震や台風もそうですが自然だけは防ぎ様がありませんものね。地球温暖化が関係しているのかなー?とも考えてしまいます。パサデナ人さんがおっしゃるとおり何事も無く生活していることに感謝ですね。

投稿: jasmine | 2005年9月 2日 (金) 07時52分

ハリケーンの被害、本当にすごいですね。ニュースで知るところによると、被災者のほとんどが貧困層の人々だとか。よって、家屋の強度も低く、また非難するための車等も持っていない人が多いので、救出、移送に時間がかかっているようですね。アメリカは、貧富の差がとても大きく、その問題をまさに浮き彫りにしているような気がしています。防波堤を高くするための予算請求をここ何年も退けられていたニューオリンズ・・・・。イラク戦争に使っている予算を少しでもこちらにまわしていれば・・・なんて考えてしまう私です。

投稿: kyoko | 2005年9月 2日 (金) 09時43分

日本でもカトリーナのニュースは連日ニュースで見ています。本当にこれがアメリカ!?と思うような映像にびっくりです。kyokoさんと同じことを私も感じました。アメリカの歪みが露呈している感じですね。
ジャズの故郷、ニューオリンズが一日も早く復興することを願ってやみません。

投稿: おだしー | 2005年9月 2日 (金) 19時15分

昨年夫の学会でニューオリンズに行ったことを思いだしました。あのコンベンションセンターに2万人もの被災者の方々が避難されているなんて信じられません。未だ冠水していることによる衛生状態の悪化、そして治安の悪化など2次的な被害の増大も心配されるところです。身体的にも精神的にも厳しい状態を強いられている被災者の皆さんが、少しでも落ち着きを取り戻せるよう祈るばかりです。

投稿: ノリィ | 2005年9月 3日 (土) 01時34分

Jasminさん、kyokoさん、おだしーさん、ノリィさん書き込み有難うございます。皆様方の願いとアメリカ人全員の願いが大きな支援となるはずです。Houstonに留学中の僕の先輩も無事でした。Kyokoさんの話の通りで、その先輩の話だと隣だったTexas州は無事で、アストロドームに家を失った沢山のAfrican Americanの避難民の人々が訪れており、街中にもゴミ袋の様な荷物を持った人が大勢いて治安の悪化が懸念されるようです。身近なことからできるガソリンの浪費は控えるようにしたいと思います。

投稿: パサデナ人 | 2005年9月 3日 (土) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120825/5746196

この記事へのトラックバック一覧です: Hurricane Katrina:

« TAISEI | トップページ | IKEA »